English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」<初級編>/第8〜11回

イムランの英会話

第8回 〜月見バーガー〜

  • 月見バーガー

Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末どうだった?

Lisa: It was great. I went out for an “Otsukimi” party with my colleagues.
リサ:すごくよかったよ。同僚とお月見パーティーにでかけたの。

Imran: That’s nice.“Otsukimi” is moon-viewing, right?
イムラン:いいね。お月見って(英語だと)ムーン・ビューイングだよね?

Lisa: Yeah. It wasn’t a full moon, but it was really nice, eating and drinking watching the moon. Have you ever done “otsukimi?”
リサ:そう。満月じゃなかったんだけど、すごくよかったわ、月を見ながら食べたり、飲んだり。お月見したことある?

Imran: No, not really. I haven’t. The only thing that comes to my mind is McDonald’s tsukimi Burger. But, I’d love to.Did you go to a restaurant?
イムラン:いや、ないね。「お月見」って言葉で唯一思いつくのは、マクドナルドの月見バーガーかな。でも、是非やってみたいな。レストランに行ったの?

Lisa: No, we went to a park.
リサ:いいえ、公園に行ったの。

Imran: Wow, that sounds like fun. What did you bring to eat?
イムラン:へえ、それは楽しそうだね。食べ物は何を持って行ったの?

Lisa: Nothing special. We bought some onigiris, sandwiches, McDonald’s Otsukimi Burger, and drinks at a convenience store.
リサ:特別なものはなかった。コンビニでおにぎり、サンドイッチと飲み物を買ったの。

Imran: I see. Sounds like a very casual party.
イムラン:へえ。とてもカジュアルなパーティーだったんだね。

Lisa: Yeah, it was.
リサ:そうね、そうだったわ。

<Imran MEMO>
Lisa: Have you ever done “otsukimi?”
Imran: No, not really. But, I’d love to.

 今日のポイントは「Have you ever〜?」とそれに対する答えです。「Have you ever〜?」は「〜したことありますか?」という意味で使う質問文です。これに対する答えは、Yes.かNo.が多いと思います。確かにこれだけでも、質問に答えているので、ことは足りているのですが、「コミュニケーション」という観点で考えると、Yes.かNo.の後にもう少し説明やコメントが欲しいですね。

 例えば、「Have you ever done “otsukimi?”」に対する答えは「No, not really. But, I’d love to.」(いや、ないね。でも、是非やりたいな。)でした。たった一言足すだけ、「やりたい、やってみたい」という気持ちが伝わるんです。

第9回 〜ディズニー・ハロウィーン〜

  • ディズニーハロウィン

    写真は東京ディズニーランド「ハロウィーン・ポップンライブ」の様子/秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」は9月8日(金)から10月31日(火)まで(C)DISNEY

Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末どうだった?

Lisa: It was awesome! I went to Disneyland with my boyfriend. They were having the Halloween event.
リサ:最高だったわ。彼氏と東京ディズニーランドに行ったのよ。ハロウィーンのイベントがやっていたから。

Imran: That’s nice. What did you dress up as?
イムラン:いいね。何に仮装したの?

Lisa: I dressed up as Cinderella.
リサ:私はシンデレラに仮装したの。

Imran: Wow. You must’ve looked spectacular in a Cinderella dress. And how about your boyfriend?
イムラン:へえ。シンデレラのドレス、めちゃくちゃ似合っていたでしょ? それで、彼氏は?

Lisa: He didn’t dress up.
リサ:彼は仮装しなかったの。

Imran: Oh, that’s too bad. Why not?
イムラン:そう、それは残念だったね。なんでしなかったの?

Lisa: He couldn’t find anything that looked good on him.
リサ:何も自分に合うものが見つからなかったの。

Imran: I see.
イムラン:そうなんだ。

<Imran MEMO>
 今回のポイントは「must have」です。
You must’ve looked spectacular in a Cinderella dress.
(似合っていたでしょ?)

 英語の場合、質問ではないのですが、日本語だと「〇〇だったでしょ?」という質問形式にした方が意味合いは近いと思います。

「must」は「〇〇しなければならない」という意味で習いますよね。今回の「must have」はこの「must」にはまったく関係のない表現です。「must have」は「〇〇に違いない」という意味で使われます。実際の会話では「〇〇に違いない」ってあまり言わないと思うので、実際に使いそうな日本語で覚えましょう。

第10回 〜ドラマの最終回〜

  • 「ドラマの最終回を見た」を英会話で

Imran: Hey, Lisa, you look a little tired. What happened?
イムラン:やあ、リサ、なんか疲れているね。どうしたの?

Lisa: I watched the drama I recorded all weekend.
リサ:週末ずっと、録画したドラマを見ていたの。

Imran: Really? What did you watch?
イムラン:本当?何見たの?

Lisa: I watched “Aishitetatte Himitsu Wa Aru.” I watched the final 5 episodes all in one sitting. The finale was awesome.
リサ:『愛してたって、秘密はある。』を見たの。最後の5話一気に見たのよ。最終回がすごかった。

Imran: I see. That’s like 5 hours, right? No wonder you look tired.
イムラン:へえ。それって5時間だよね?だから、疲れているのか。

Lisa: Have you watched it?
リサ:見たことある?

Imran: No, but I’ve heard of it.
イムラン:ないね。聞いたことはあるけど。

Lisa: The twist and turns were too much for me. I’ll tell you the story once I settle down sometime this week.
リサ:展開のひねりが私には凄すぎたわ。今週のどこかで気持ちが落ち着くと思うから、そうしたら、どういう話か教えてあげるね。

Imran: Oh, OK. I’ll be waiting.
イムラン:ああ、わかった。待っているね。

<Imran MEMO>
Lisa: Have you watched it?
Imran: No, but I’ve heard of it.

 今回は、「聞いたことある」系の表現です。まず初級で出てきたのは、I’ve heard of it.です。これは「名前は知っている」、「名前は聞いたことがある」程度の時に使います。

 表現として難しくありませんよね。ここで大事なのが、ここで習った表現とセットで、説明の仕方も覚えておくことです。初級では、一言でもいいのですが、中級、上級では、ただ答えるだけではなく、しっかりと説明をしましょう。

第11回 〜ライブの楽しみ方〜

  • ライブの楽しみ方を英語で

Imran: Hey, Lisa, how was your weekend.
イムラン:やあ、リサ、週末はどうだった?

Lisa: Well, it was OK. I really wanted to go to the Kishidan Banpaku, but I had work, so I couldn’t go.
リサ:まあ、普通だったわね。本当に氣志團万博に行きたかったんだけど、仕事だったから行けなかったのよ。

Imran: Really? Didn’t they show it on TV?
イムラン:本当?テレビでやってなかったっけ?

Lisa: I’m not really sure. They might have, but I prefer going to live events.
リサ:よくわからないわ。やっていたかもしれないけれど、ライブは現地に行って楽しみたいタイプなの。

Imran: I see. I understand. I went to a live viewing event once.
イムラン:へえ、そうなんだ。なるほどね。僕はライブビューイング・イベントに一度行ったことがあるよ。

Lisa: Actually, live viewing with other fans might be fun.
リサ:ていうか、他のファンとライブビューイングだったら楽しいかも。

Imran: People were having a blast. Maybe you’ll have a good time, too.
イムラン:みんな、めちゃくちゃ楽しんでいたよ。君も楽しめるかもね。

Lisa: You’re right. In any case, I’ll try and keep the dates free next year no matter what.
リサ:そうね。どちらにせよ、来年の日程は何としてでも空けておくわ。

<Imran MEMO>
 今回は役立つ英語表現の解説ではなく、「英語の話し方」について説明させてください。

Imran: Hey, Lisa, how was your weekend.
Lisa: Well, it was OK. I really wanted to go to the Kishidan Banpaku, but I had work, so I couldn’t go.

 旅行先での外国人との会話、または仲の良い外国人との会話で、1聞いたら10返ってきて、なんでこの人こんなに話すのだろうと驚いた、などの経験をしたことはありませんか。外国人はたくさん話すわけではありません。ただ相手がわかるまで、詳細に説明しようとするのです。

 大事なのは、英語が合っているかどうかではなく、相手がわかるように説明しようとしているか。ちゃんと「話したい」という意図を伝えようとしているかです。
【プロフィール】
イムラン・スィディキ
1976年11月14日生まれ。セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(小学校〜高校)、上智大学、上智大学大学院。英会話スクール『コペル英会話教室』麻布十番本校、銀座校の校長。YouTube上の公式チャンネルをはじめ、公式アプリ、ブログ、Twitter、Facebookなどでも人気。著書に『CD BOOK 超英語思考トレーニング』(明日香出版社)など。日本各地で英会話セミナーを開催し、わざわざ海外からセミナーに参加する受講生もいるほどの人気講師。「英語はストレスなく学ぶのが一番。英語を勉強している人に、いかにストレスを感じさせないか」を考えながらレッスンをしている。
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。