英語で歌えば“無料”になる!? 英語力UPに最適な『フードショップ』を紹介!

英語でオーダーするとお得な特典がもらえる『フードショップ』を紹介! [拡大する]

英語でオーダーするとお得な特典がもらえる『フードショップ』を紹介!

 海外旅行先のレストランなどで、オーダーする際に戸惑った経験はないだろうか。英会話を上達するには、日頃から英語環境に触れることが大切だ。国内だからといって、英語を話す機会が全くないわけではない。今回は、注文時に使えるフレーズとあわせて、日本にいながら英会話が試せる“フードショップ”を紹介しよう。

■英語で話すとトクする? 今話題の『フードショップ』
 日本にいながら英語でオーダーできる話題のフードショップを2つ紹介する。英会話を実践するためにも、ぜひ活用してみよう。

「クッキータイム」
 原宿駅から徒歩1分の場所にある「クッキータイム(Cookie Time)」は、ニュージーランド発のクッキー専門店。無添加・無着色のオーガニックのクッキーが自慢で、赤毛で毛むくじゃらのキャラクター「クッキーマンチャー」が目印のお店だ。

 原宿店では、英語で注文したり、店内に用意されたマイクで洋楽を歌ったりすれば、無料で1枚クッキーがもらえるサービスを行っている。また、外国人のスタッフを相手に注文すれば、ネイティブの英語に触れる機会にもなる。ただし、無料サービスなどは変更になる可能性があるので注意したい。

「フーターズ」
 全米で400店以上出店しているアメリカンカジュアルレストラン&スポーツバー「フーターズ(Hooters)」。日本では赤坂や銀座、渋谷、新宿、大阪の5店舗で展開。フーターズガールと呼ばれるチアリーダー姿のスタッフは、海外経験が豊富なバイリンガルも多いとか。英語のメニューも用意してあるので、来店した際にはぜひ英語でオーダーしてみてはいかがだろう。

 また、2月15日〜2月21日まで、映画『X-ミッション』コラボキャンペーンが行われている。この期間は「『極限』を英語で言うと?」の答えをフーターズガールに伝えると、毎日先着3人にオリジナルグッズがもらえる。いきなり英語で注文するのが恥ずかしいという人は、こうしたキャンペーンを利用することで、少しずつ英語に慣れていけるかもしれない。

■お店で使える英語フレーズ
 以下は、オーダー時に使えるフレーズだ。英語で注文する前に覚えておこう。

「○○はありますか?」
Can I have a ◯◯ please?/Can I get a ◯◯ please?

「○○ください」
I'll take a ○○./I'll have a ○○.

「何がオススメですか?」
What would you recommend?/What do you recommend?

「あなたのオススメは何ですか?」
Can you recommend something for me?

 最近では国際化が進み、英語で注文できる店も少しずつ増えてきている。国内でも英語に慣れておくことで、海外旅行に行った際にはスムーズに注文することができるだろう。

【文/寺本亜紀】

>> 海外旅行・留学で役立つ 「日常会話レベル」で選ばれた英会話スクール1位は…

>> <あわせて読みたい>音楽&映画で「英語」が身に付く3つの方法

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close