Q.ビジネスで使われている和製英語を教えてください

ノートパソコンを英語だと思って、外国人の同僚に話をしたら通じず、なんと説明したらいいか困りました。ビジネスシーンで知らずに使っている和製英語を英語ではなんというのか教えてください。
【A】ビジネスシーンで使われる和製英語を一部紹介します

 日本では当たり前に使われている「サラリーマン」などの和製英語。徐々に本来の英語の表現が使われるようになってきていますが、日本だけでしか使われないような和製英語がまだまだ多く残っています。

 和製英語は、外国人の取引先や同僚には理解できないため、不思議な顔をされて話が伝わらず、恥ずかしい思いをされた方もいるのではないでしょうか。さまざまな言い方や国によって異なることもありますが、よく使われている和製英語と正しい英語を下記に一部紹介します。

サラリーマン

office worker、company employee

アルバイト、パート

part-time worker

ノートパソコン

laptop computer

ブラインドタッチ

touch-typing

バージョンアップ

version upgrade

アフターサービス、
アフターケア

after-sales service

フリーダイヤル

toll-free number

クレーム

complaint

コストダウン

cost-cutting

イメージアップ

improve one’s image

アンケート

questionnaire

ゼネコン

major construction company

ビジネスホテル

budget hotel、
no-frills hotel

モーニングコール

wake-up call

オーダーメード

custom-made、
made-to-order

段ボール

cardboard

One more アドバイス
アメリカンコーヒーも和製英語です。アメリカでは、一般的にregular coffeeやweak coffeeと言います。ちなみに、スターバックスのメニューに「カフェ アメリカーノ」がありますが、これはエスプレッソに熱いお湯を注いだものです。

よく似た質問

>英語で雑談する際の話題はどんな内容がいいですか?
>海外赴任する可能性がある場合の英語学習方法を教えてください
【文・取材/寺本亜紀】
ライター、映像翻訳者(映画やドラマ、ドキュメンタリーの字幕翻訳・吹替翻訳)。英文科卒業。
小学校英語指導者資格取得。カナダ、アメリカ、オーストラリアで親子留学を経験。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。