English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

<上級編>第30〜33回/イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」

<上級編>第30〜33回/イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」

 外国人とコミュニケーションを取るために、よく使われるのが「週末は何をしていたの?」というフレーズ。あの人気講師・イムラン先生が「すぐに使えて、今が旬の例文」をご紹介! 今回は<上級編>を取り上げます。

第30回〜まもなく開幕「平昌五輪」

  • 「平昌五輪」を英会話で(写真はイメージ)

    「平昌五輪」を英会話で(写真はイメージ)

ImranHey, Lisa, how are you?
イムラン:やあ、リサ、元気?

LisaI’m doing great. How are you doing?
リサ:元気よ。あなたは調子どう?

ImranI’m doing great, too. So, how was your weekend?
イムラン:僕もすごく調子いいよ。で、週末はどうだった?

LisaI didn’t do much, but it was good. I watched the highlights for Pyeongchang Olympics.
リサ:あまり何もしなかったんだけど、よかったわよ。平昌オリンピックのハイライトを見ていたの。

ImranOh! Is it over already? I hate myself!
イムラン:へ!もう終わっちゃったの?本当に最悪!

LisaNo, I mean the preview. They’re showing a lot of highlights of previous competitions on TV before the actual event.
リサ:いや、そうじゃなくて、予告編よ。実際の放送の前に以前の試合とかのハイライトをまとめてるやつがテレビでけっこうやってたの。

ImranOh, I see. So that we know who to cheer for.
イムラン:ああ、なるほど。 誰を応援すればいいかわかるからか。

LisaYeah. And Japan has so many prospective gold medalists, you know.
リサ:日本ってたくさん金メダル候補がいるのよ。

ImranYeah, I heard. I’m really looking forward to figure skating and curling. I wish I could go and watch.
イムラン:うん、聞いた。フィギュア・スケートとカーリングをすごく楽しみにしてるんだ。見に行けたら、良いんだけどな。

LisaMe too. I love sports, but I usually watch them on TV. I’m sure watching at the stadium would be so much fun.
リサ:私も。スポート大好きだけど、だいたいテレビで見るのよ。スタジアムで見れたら、絶対にもっと楽しいわよね。

ImranWait till the 2020 Tokyo Olympics.
イムラン:2020年の東京オリンピックが楽しみだね。

LisaI know I’m going to have a blast.
リサ:めちゃくちゃ楽しいこと間違いなしね。

ImranWorld Cup in Japan and Korea blew mind my away. It felt like I was a part of a huge family.
イムラン:日本・韓国のワールドカップは本当に度肝を抜かれた。大家族の一員になった感じだったよ。

<Imran MEMO>
 今回は見たかった番組などを見逃してしまった時に、ついネイティブの口からこぼれてしまう英語表現を紹介します。

 日本人は「Oh, no!」「No way!」などの簡単な文を使いたがります。もちろんこれでもいいのですが、簡単に済ませるよりも、ちょっと風変わりなネイティブっぽい英語表現を学んで使ってみるというのもすごく大事です。

I hate myself!
(本当に最悪!)

 直訳すると「自分のことが大嫌い」なのですが、実際のニュアンスとしては、「なんでこんなことしちゃったんだろう! 本当に最悪!」に近いです。こういった表現を使っていると、言われた時や、映画やドラマに出てきた時に、ピンとくるんですよね。

 英語の表現って、書いてある単語の通りの意味で覚えてしまったり、単語のイメージをそのままに理解してしまうことが多いですよね。そうすると、実は使いにくいんです。だって、「I hate myself.(自分のことが大嫌い!)」なんて、日本語ではあまり使わないですよね。「自分のことが大嫌い!」って言ったり、思ったりしたことはなくても、「本当に最悪!」って思ったことはあると思います。

 そんな風に、実際のニュアンスを意識することと同時に、自分が使いそうな意味合いで覚えておくということもとても大事なんです。これからは、英語表現で使われている単語でイメージするのではなく、僕が解説するニュアンスで覚えることも頭に置いておきつつ、英語表現を覚えていってください。
【プロフィール】
イムラン・スィディキ
1976年11月14日生まれ。セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(小学校〜高校)、上智大学、上智大学大学院。英会話スクール『コペル英会話教室』麻布十番本校、銀座校の校長。YouTube上の公式チャンネルをはじめ、公式アプリ、ブログ、Twitter、Facebookなどでも人気。著書に『CD BOOK 超英語思考トレーニング』(明日香出版社)など。日本各地で英会話セミナーを開催し、わざわざ海外からセミナーに参加する受講生もいるほどの人気講師。「英語はストレスなく学ぶのが一番。英語を勉強している人に、いかにストレスを感じさせないか」を考えながらレッスンをしている。
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。