English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

「Mrs.」と「Miss.」はどう違う? 敬称にまつわる英語知識を紹介

しっかりと使い分けできる? “敬称”にまつわる英語知識をおさらいしよう [拡大する]

しっかりと使い分けできる? “敬称”にまつわる英語知識をおさらいしよう

 敬称をつけて相手を呼ぶとき、日本語では男女関係なく「さん」や「様」をつければ問題ない。だが、ほかの言語では男女で敬称を使い分けが必要なことが多い。

 もちろん、英語も男女で使うべき敬称が異なる。男性は「Mr.(ミスター)○○」、女性は「Mis.(ミズ)○○」と呼ぶのが一般的だ。ただし、女性の敬称に関しては気をつけなくてはならないことがある。女性の場合に限り、婚約の状態によって敬称が変化する。既婚者の女性には「Mrs.(ミスィズ)」、未婚の女性には「Miss.(ミス)」をつける。最初に紹介した「Mis.(ミズ)」は既婚、または未婚のどちらの女性に対しても使うことが出来るので、困ったときは「Mis.」を使えば間違いがない。

 このように相手が既婚者かどうかわかっていれば、簡単に敬称を使い分けることが出来るが、メールや手紙でやり取りをする際、名前だけで相手の性別が分からないときはどうすればいいだろうか。

 もし相手の性別がわからないなら、「Dear Mr./Mis.(相手のラストネーム)」として始めるとよいだろう。これなら相手がどちらの性別でもOK。もう少しカジュアルな伝え方をしたい場合は、「Hi(相手のファーストネーム)」としても問題ない。

 最近では、「○○-san」という表現もよく使われる。例えば、相手の名前がJohn Smithだった場合は「John-san」「Smith-san」となる。実は日本語の「さん」付けが世界的に広く知られるようになり、ビジネス英語として浸透し始めているのだ。ちなみに、漫画やアニメなどでよく見られる「○○ちゃん」「○○くん」といった敬称も、そのまま「○○-kun」「○○-chan」と訳される。

 男女、特に女性の敬称はいろいろと種類があるので間違えないように心がけたい。もし表現を忘れてしまったときは、今回の敬称を使っていくとよいだろう。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 話せるようになる! “習得度”で選ばれた英会話スクール

>> 「Thank you」以外の表現知ってる? “感謝を表すフレーズ”5選

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。