海外で役立つ「実践英語」 意外に知らない“キッチン家電”11選

学ぶ機会はあまりないが、覚えておくと役に立つ“キッチン家電”の英語を紹介! [拡大する]

学ぶ機会はあまりないが、覚えておくと役に立つ“キッチン家電”の英語を紹介!

 学校ではあまり学ぶ機会はないが、実際の海外生活で必要になる英単語は非常に多い。生活する上では、細かい文法より単語を多く知っている方が役に立つものだ。そこで今回は、キッチンで使う「家電」の英単語を紹介する。

【1】キッチン家電

 そもそもではあるが、「キッチン家電」は「kitchen appliances」という。「(home) appliances」といえば、家電製品や電化製品のことを指す。

【2】電子レンジ

 電子レンジは「microwave (oven)」。「microwave(物)」といえば、「電子レンジで(物)を温める」という意味になる。

【3】冷蔵庫、冷凍庫

 冷蔵庫は「refrigerator」。略して「fridge(「フリッジ」)」ともいわれる。冷凍庫は「freezer」。「freeze」は「冷凍する」という意味だ。

【4】食器洗い機

 食器洗い機は「dishwasher」。食器洗い用の洗剤は「dish detergent」という。

【5】コンロ

 コンロは「stove (top)」。stoveは石炭や薪のストーブも意味するが、電気やセントラルヒーティングの暖房器具は「heater」となるので注意しよう。

【6】ミキサー

 ミキサーは「mixer」または「blender」。ジュースを作るものは「juicer」で通じる。

【7】炊飯器

 炊飯器は「rice cooker」。日本のメーカー製ではない海外の炊飯器は、とてもシンプル(=機能が少ない)なものが大半だ。

【8】圧力鍋

 圧力鍋は「pressure cooker」。似たような単語で「slow cooker」もあるが、これはシチューなどの煮込み料理に使われる調理器具を指す。

【9】電気フライヤー(揚げ物機)

 電気フライヤーは「deep fryer」。日本ではあまり見かけませんが、海外ではわりとポピュラーな調理器具の1つだ。

【10】電気ケトル

 電気ケトルは「electric kettle」。

【11】オーブントースター

 オーブントースターは「toaster oven」。日本語では逆なので、間違いやすい。

 キッチン家電の英語は、海外で生活するにあたって必須の項目といえるでしょう。知っていて損はないので、ぜひ覚えてほしい。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 英語力に自信をつけるなら……“学びやすさ”で人気の「英会話スクール」ベスト8

>> この単語もそのまま通じる? 海外でも使える「日本語」を紹介!

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close