この単語もそのまま通じる? 海外でも使える「日本語」を紹介!

実際にその日本語を英語圏で使ってみることで、話のネタにもなるかも? [拡大する]

実際にその日本語を英語圏で使ってみることで、話のネタにもなるかも?

 以前に、食に関する日本語の多くが、海外でもそのまま使われていることを紹介した(関連記事を参照)。だが、食以外にも文化や風土に関する単語は数多く使われているのだ。そこで今回は、食べ物の名前以外にも「英語として定着している日本語」を紹介する。

 日本の文化・風土に関係しているために、そのまま輸出された単語が多い。

【1】盆栽

 盆栽は「Bonsai」。「バンザイ」「ボンザイ」などと発音される。

【2】布団

 布団は英語で「Futon」。敷布団のことを指す。

【3】カラオケ

 カラオケは「Karaoke」。これは多くの人が知っているだろう。

【4】かわいい

 かわいいは「Kawaii」。オックスフォードの英語辞書にも載ってるという。

【5】着物

 着物は英語で「Kimono」。日本に来た外国人が一度は着てみたいと人気になっている。

【6】漫画

 日本の漫画は世界で人気となっており、「Manga」は当然通じる。

【7】新幹線

 新幹線は英語で「Shinkansen」または「Bullet train」。

【8】相撲

 相撲は「Sumo」。発音は「ス」にアクセントを置く。日本を代表するスポーツであり、外国人に非常に人気だ。

【9】空手

 空手は「Karate」。発音は「ラ」にアクセントを置く。

【10】畳

 畳は「Tatami」。発音は2つ目の「タ」にアクセントを置く。海外で和のテイストを取り入れる人も増えているようで、需要はあるようだ。

【11】禅

 禅は「Zen」。心を落ち着かせることができるとあって、アメリカだけでなくヨーロッパでも人気が拡大しているという。

【12】芸者

 芸者は英語で「Geisha」。

【13】数独

 数独は英語で「Sudoku」。海外でもわりと普及している。

【14】津波

 津波は「Tsunami」。発音は「ナ」にアクセントを置く。

【15】指圧

 指圧も「Shiatsu」で通じる。

【16】将軍

将軍は英語で「Syogun」。間違えて「ショーガン」と読む人もいる。

【17】切腹

 切腹は英語で「Hara-kiri」。映画でもよく聞くので、伝わることをご存知の人も多いだろう。

 もちろん、個人によっては通じない人もいるだろうが、豆知識として覚えておくといいだろう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 9206人が実感! “習得の満足度”で選ばれた「英会話スクール」ランキング

>> 海外で通じる“食の日本語”【10選】 意外な食材が食べ物以外で人気に!

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close