English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

“アメリカ英語”とは少し違う! 「オーストラリア英語」の特徴を紹介

「オーストラリア英語」はアメリカ英語と比べて、どんな部分が違うのか? [拡大する]

「オーストラリア英語」はアメリカ英語と比べて、どんな部分が違うのか?

 オーストラリアは、ワーキング・ホリデーの渡航先としても大人気だ。公用語が英語で、生活しやすい環境が整っている点などが選ばれる理由だろう。注意したいのは、よく知られるアメリカ英語とオーストラリアで使われている英語には、微妙な違いがあるということ。実際に比較しながら特徴を紹介していこう。

■発音
  まずは、オーストラリア英語の特徴的な発音を2つ紹介する。

 1つ目は「r」の発音。英語の授業では、“しっかり舌を巻くように”と教えられることが多いが、オーストラリアでは舌は巻かず、最後をはっきりと発音しない。

 2つ目は「a」の発音。アメリカ英語では、多くの場合「エー」「エィ」となるが、オーストラリア英語では「ア」「アィ」と発音する。
<例>
・Dangerous
デンジャラス(米)/ダィンジャラス(豪)
・Face
フェイス(米)/ファイス(豪)
・Classmate
クラスメイト(米)/クラスマイト(豪)

■語尾
 オーストラリアでは、単語の最後を「ie」にする傾向がある。例えば「Breakfast」は、オーストラリアでは「Brekkie(ブレッキー)」。「Australian」は「Aussie(オージー)」と表現する。あまり聞き覚えのない単語なので、初めて聞いたときはすぐ理解できないかもしれない。あらかじめ頭に入れておこう。

■オーストラリア独特のフレーズ
 オーストラリア独特の「英語フレーズ」も紹介しよう。日常会話で使える表現なので、ぜひチェックしてほしい。

・こんにちは
Hello(米)/Good day, mate(豪)

・どういたしまして
You’re welcome(米)/No worries(豪)

・めっちゃ
very(米)/bloody(豪)
※少し砕けた表現だが、「It’s bloody cold today !(今日めっちゃ寒いね!)」のように使われることが多い。

・紅茶
a cup of tea(米)/cuppa(豪)

 よく、「オーストラリア英語は訛っている」といわれるが、これは正しくない。日本人はアメリカ英語を聞き慣れているため、耳にしたことがない他国の英語を“訛りがある”と感じてしまうのだ。

 英語は、今や世界の共通言語だが、国によって様々な違いがある。偏見を捨てて、どんどん触れてみてはいかがだろうか。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 旅行前に知っておきたい “日常会話レベル”で選ばれた「英会話スクール」1位は…

>> なぜワーホリはオーストラリアがいい? Q&Aで簡単紹介!

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。