「Maybe」の正しい使い方知ってる? 多くの人が理解していないニュアンスとは…

多用しがちな「Maybe」も正しい使い方があった!? この機会にチェックしておこう! [拡大する]

多用しがちな「Maybe」も正しい使い方があった!? この機会にチェックしておこう!

 日本人が海外でよく使う英語フレーズなかには、意味は間違っていなくても好意的に受け取られない表現も多くある。そのなかでも特に有名なものが「Maybe」だ。

 「Maybe」は直訳すると「たぶん」という意味で、会話において便利なフレーズの一つ。日本人は「たぶん〜するね」という曖昧な受け答えが多いため、海外でも同じ様な感覚で「Maybe」を使う人が多いだろう。

 だが、ネイティブにとっては「どうして自分のことなのにはっきり分からないのか」とイライラさせてしまうことがある。その理由は「Maybe」には本来、「自分がコントロールできないことを推測する」といったニュアンスがあり、会話のなかで使うと「自分の意思がない」と受け取られてしまうからだ。

 会話の中で憶測や推測をする場合には、自分の意思をはっきりすることが大切。今回の例であれば、どれくらい行く気があるのかをしっかり相手に伝える必要がある。そこで抑えておきたいのが 「Maybe」の以外の表現方法だ。

90%ほど行く意思があるなら、「I’m almost sure I will go to the party」
70%ほど行く意思があるなら、「I will probably go to the party」
50%ほど行く意思があるなら、「I might go to the party」

 「Maybe」を正しく使うタイミングは、「Maybe it going to rain tomorrow(たぶん、あすは雨)」「Maybe he was really busy(たぶん、彼は忙しかったのだろう)」のように、自分の意志ではコントロールできない状態を推測する時となる。「たぶん」は、日本語でも便利な言葉なので多用しがちだが、海外では使うタイミングに気を付けよう。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 気になる“講師の質” 満足度の高さで選ばれた【英会話スクール】1位は…

>> 【英会話】よく使う単語こそ要注意!? 「Sure」の正しい使い方

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close