English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

【英語】簡単そうで実は知らない… 「時間」の正しい言い回し!

時間の正しい言い回しを覚えて、日常会話で使ってみよう! [拡大する]

時間の正しい言い回しを覚えて、日常会話で使ってみよう!

 中学や高校で英語を習うものの、実際によく使われる表現に限って身に付いていないことは多々ある。“時間の表現”もその一つで、日常で頻繁に使うわりには正しく使える人は意外と少ない。そこで今回は、正しい時間の表現方法を紹介しよう。

【○時ちょうど】
「○時ちょうど」と言う時は、「at ◯ sharp」「exactly at ◯」という表現を使う。「ちょうど」という表現でも「just」は使わないので要注意。

例)at nine o’clock sharp(9時ちょうど)
at exactly 3:00(3時ちょうど)

【深夜0時】
英語では「midnight」と表現する。「twelve o’clock」という表現よりも、こちらの表現の方が頻繁に使用される。

【正午(午後12時)】
「noon」と言う。深夜0時の表現方法と同様に、「twelve o’clock」という表現はあまり使われない。

【○時半】
「half past ◯」と表現する。6時半の場合は、「half past 6」。「six thirty」という表現も間違いではないが、「half past ◯」という言い方も口語でよく使われるので覚えておいたほうが便利だ。ただし、イギリス英語の場合は「past」よりも、「half ◯」と言うことが多々ある。

例)half past nine(9時半)
half past midnight(深夜0時半)

【○時15分】
「quarter past ◯」と表現する。「quarter」は「4分の1」という意味の単語。時間を表す時は、アナログ時計をイメージすると分かりやすい。15分は1時間の4分の1で、◯時15分は「◯時からquarter(15分)過ぎた」と表現する。「past」の代わりに「after」が使われることもある。

例)quarter past one(1時15分)

【○時45分】
「quarter to ◯」と言う。「○時15分」とは逆で、◯時45分は「◯時まであと(to)、quarter(15分)」と表現する。また、「to」の代わりに「before」「until」「till」も使われる。

例)quarter to ten(9時45分)

【○時5分、○時50分など】
「○時15分」「○時45分」の表現方法を応用すれば、ほかの時間も簡単に表現できる。

例)five past nine(9時05分)
ten to two(1時50分)

 慣れるまでは算数をしているような感覚で戸惑うこともあるだろうが、ここで紹介した時間の表現方法を覚えて、より自然な英語を身に付けよう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 重要ポイント! “講師の質”で人気の高い「英会話スクール」ランキング

>> 海外旅行前に抑えておきたい! 一番お得な「両替方法」はどれ?

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close