ビジネスマン、英語は実際どこで使う? 1位は「メール」

ビジネスマンが英語は一番使うのは「メール」 [拡大する]

ビジネスマンが英語は一番使うのは「メール」

 グローバル化により、ビジネスシーンで英語力が求められている昨今。実際に働くビジネスマンは、いつどこで英語を使っているのだろうか。昨年12月に国際ビジネスコミュニケーション協会が発表した調査結果を交えて、紹介したい。

 日本でTOEICプログラムを実施・運営する同協会は、25〜39歳のビジネスパーソンを対象に『英語に関する意識・実態調査』を実施。そのなかで、2014年における「仕事や日常生活のなかで英語に触れた/使用した場面」のランキングを発表した。

 それによると、仕事で英語を使う機会の1位は「メールでのやりとり」。取引先などと英語で連絡をとることが最も多いようだ。また、「社内でのやりとり」や「電話でのやりとり」が2位・3位となっており、直接英語を話す機会も増えているといえるだろう。

■「仕事で英語に触れた/使用した場面」
1位 メールでのやりとり(14.3%)
2位 社内でのやりとり(11.3%)
3位 電話でのやりとり(11.0%)
4位 資格試験受験(5.5%)
5位 会議(5.0%)

 日常生活での英語機会を見ると「洋画・洋楽」が1位で、2位のほぼ倍に。日々の生活で英語に一番触れるのは、会話ではなく「聞く・見る」の形のようだ。

■「日常生活で英語に触れた/使用した場面」
1位 洋画・洋楽(33.0%)
2位 海外旅行(16.8%)
3位 海外のウェブサイトの閲覧(15.8%)
4位 友人・知人との会話(14.0%)
5位 SNSの投稿(10.0%)

 一方で、「2015年の英語の目標」については、「英語をもっと話せるようになりたい」という思いが1位。英語の4技能でみると、「話す」、「聞く」、「読む」、「書く」の順で習得したいようだ。

■「2015年の英語の目標」
1位 英語をもっと話せるようになりたい(37.5%)
2位 英語をもっと聞き取れるようになりたい(30.3%)
3位 英語をもっと読めるようになりたい(14.0%)
4位 英語をもっと書けるようになりたい(12.3%)
5位 英語の勉強を始めたい(9.8%)

 スピーキングが1位となった背景には、有名人が堂々と英語を話す姿に刺激を受けたことも少なからずあるかもしれない。特に、今年プロテニスで大活躍した錦織圭選手がインタビューなどで、堂々と英語でスピーチする姿は印象深く残っているはずだ。ちなみに「2014年に英語を使う姿が印象に残っている有名人」については下記の結果が出ている。

■「2014年英語を使う姿が最も印象に残った有名人」
1位:錦織圭 (49.0%)
2位:関根麻里 (11.9%)
3位:福士蒼汰 (11.5%)
4位:川崎宗則 (6.3%)
5位:本田圭佑 (5.9%)

 ちなみに、3位の俳優・福士蒼汰は、主演映画『神さまの言うとおり』がローマ国際映画祭映画に出品され、現地での会見で流ちょうな英語を披露したことが反映された模様。帰国子女ではないが、努力して英語を習得しているところにも好感が集まったのかもしれない。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>利用者の満足度で選ぶ!
【英会話スクール】ベスト10

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close