English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

『パディントン2』出演、ヒュー・グラントが自身の子どもにまつわる「The moment of truth!(決定的瞬間)」を告白

 公開中の映画『パディントン2』で、落ち目の俳優フェニックス・ブキャナンを演じるヒュー・グラント。本作は、マイケル・ボンド氏の児童文学を実写映画化し、世界的にヒットした『パディントン』の続編。“ロマンティックコメディの帝王”と呼ばれた彼が、子どもも楽しめる作品に出演して感じたこととは? 現在、4人の子どもの父親であるヒュー・グラントが、意外なエピソードも語った。

落ち目の俳優役を当て書きされて…「脚本を読んですごく笑った」

――映画『パティントン2』は、これまであまり出演したことのないジャンルの作品ですが、出演の決め手となったのは?
ヒュー・グラント まず脚本を読んですごく笑ったので、初めてパート1(『パディントン』)を観て見たんだ。そうしたら、とても面白くてまたも大笑い。ぜひポール・キング監督と仕事がしたいと思たんだ。

――落ち目の俳優フェニックス・ブキャナンは、脚本も手がけた監督があなたをイメージして書いたキャラクターだそうですが、監督とは昔からの知り合い?
ヒュー・グラント 一面識もなかった。この作品について話し合うためにロンドンで初めて会ったんだけど、その時、とても不思議な気がしたんだ。ポールが部屋に入ってきた瞬間、「僕は彼を知っている? 会ったことあるぞ」って。よく考えたら、ちょっと前に観た『パディントン』のイメージ、そのまんまなんだ。たぶんパート1を作った時に、キャラクターに自己投影していたんだろうね。

子どもが楽しめる作品だが「息子は“演技しているパパ”を観るのが嫌」

――今作は子どもから大人まで楽しめる作品。あなたのお子さんたちは本作を観ましたか?
ヒュー・グラント 僕には4人の子供がいてね。末っ子はまだ小さいから観ていないけど、他の3人は観たよ。娘2人とは一緒に映画館に行ったのだけど、すごく気に入ってくれて、自分たちのお小遣いからチケット代を払うとまで言ってくれたんだ。でも、息子はねぇ。彼と彼の友だちを試写に招待したら、友人たちはすごく気に入って絶賛してくれたんだけど、息子だけは「嫌い!」って。

――パパが悪役を演じているからですか?
ヒュー・グラント いや、そうじゃないんだ。理由をしつこくたずねたら「パパが出過ぎ!」って、ひと言(笑)。息子は、“演技しているパパ”を観るのが嫌なんだ。それは彼に限らず、2歳になる末娘も同じ。ある時、彼女がブラジル人のメイドさんにマカレナを教えてもらって踊っていた。それがすごく楽しそうだったから僕も参加したんだけど、その途端に娘は部屋から逃げ出してしまった。この映画の中で、フェニックスが飛び出す絵本を開く時に言う台詞で「The moment of truth!(決定的瞬間!)」というのがあるけれど、娘に逃げられたあの時がまさに「The moment of truth!」。息子と僕は、僕のパフォーミングが嫌いなのを思い知らされたよ(苦笑)。

「“失敗するかもしれない”という不安でいっぱい」

――お子さんはともかく、あなたには世界中のファンがいます。その長く素晴らしいキャリアを振り返ってみると?
ヒュー・グラント 僕の信条は人を楽しませること。役者というのは、時に“自分の演技が云々”とか“アートが云々”とかって、演技を神秘的な体験のように、大げさに思ってしまう時があるんだ。でも、僕にとっての演技は人を楽しませるツールに過ぎない。だいたい、僕のキャリアのスタートは、仲間とコントやコメディをやったことから始まっている。でも、そういうところをたくさんの人に見せるチャンスもないままに、突然、ロマンティックな映画に出演して脚光を浴びてしまい、気がつけば“ロマンティックコメディの帝王”とかって称されて。人によっては、それしか出来ないんじゃないかと思われている。でも最近は、僕が得意とするコメディタッチの演技も披露できるようになってきたのがとても嬉しい。『パディントン2』のようにね。

――今作では、騎士、尼僧、薄毛の男など様々なコスプレを楽しんでいるように見えました。
ヒュー・グラント まず言っておきたいのは、これまで演技をしていて楽しいと思ったことはない。僕は神経質で極度に緊張するから、いつも“失敗するかもしれない”という不安でいっぱいで、いつだって演技そのものは楽しめないんだ。でも今回は、カメラの回っていないところでポールとジョークを言い合って、アイディアも出し合っていたから、大いに楽しんで…。そう、そんな現場の雰囲気が僕をリラックスさせたことも確かだなぁ。演じていて、珍しくちょっと楽しかったかも(笑)。

パディントンは英国紳士、「見習ってちょっと頑張ってみようかな」

――パディントンの声を担当しているベン・ウィショーとの再会は?
ヒュー・グラント 撮影の現場では会えなかったが、ロンドンで行われたプレミアの時に久しぶりに会えてとても懐かしかった。『クラウド・アトラス』(2012年)では僕の“妻”を演じたこともあるからね。彼は優れた俳優であり、優しくて申し分のない人柄。正直言うと、僕はほとんどの俳優が大嫌いなんだけど(笑)。彼は例外、大好きだよ。

――パディントンは、誠実で礼儀正しい英国紳士のお手本として描かれていますが、英国紳士と称されるあなた自身から観た感想は?
ヒュー・グラント パディントンは、育ての親のルーシーおばさんから教えられた人生哲学を守っているんだ。そして、その哲学は素晴らしいと思う。人に優しく、礼儀正しく振る舞い、誰に対してもその人の良いところを見つける。そうすれば世の中が今よりずっと良くなるよね。とはいえ、僕はそのどれもこれまでの人生でやってこなかった。だから2018年は、パディントンを見習ってちょっと頑張ってみようかな、なんてね(笑)。

――今後は、どんな作品に出演したいですか?
ヒュー・グラント 今は、家から離れたところで撮影があるような作品に出演したいと思うようになった。そう、うるさい子どもたちから解放されたいんだよ(爆笑)。
(文:金子裕子)

映画『パディントン2』

 マイケル・ボンド氏の児童文学を実写映画化した『パディントン』の続編。ペルーの密林からイギリスに渡って暮らしていたクマのパディントンが、ある絵本をめぐる事件に遭遇する。ヒュー・グラントは、パディントンを陥れる落ち目の俳優ブキャナンを演じる。

監督:ポール・キング
出演:ベン・ウィショー(声の出演) ヒュー・グラント ブレンダン・グリーソン ヒュー・ボネヴィル サリー・ホーキンス
1月19日公開
【公式サイト】(外部リンク)
(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。