English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

『キングスマン』に『アベンジャーズ』! 2018年、注目の海外イケメン俳優5人

 日本のみならず、世界中の女子はイケメンが大好き! 2017年、海外でも続々と若手のイケメン俳優が台頭してきた。そんな中で、2018年にはさらなる活躍が期待され“大ブレイク間違いなし!”と思われる5人をピックアップ!

トム・ホランド:『スパイダーマン』『アベンジャーズ』!輝き増す21歳

  • インタビューに応じたトム・ホランド (C)ORICON NewS inc.

    インタビューに応じたトム・ホランド (C)ORICON NewS inc.

 まず1人目は、トム・ホランド。映画『スパイダーマン:ホームカミング』が17年夏に公開されて一足お先にブレイクしているが、そこでは“ヒーロー予備軍”だから、本領発揮はこれから。18年4月公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、ヒーロー修行を積み、すでに活躍中のヒーローたちと力を合わせて戦う展開。あの少年っぽい頼りなさがキュートだったけれど、今度はヒーローとしての逞しさとカリスマ性が加わって輝きを増すこと間違いなし!

 イギリス生まれの彼は、現在21歳。プライベートでは『スパイダーマン〜』で共演したゼンデイヤとの恋の噂もあり。今のところ彼女が「とっても仲のいい友よ」と軽く否定しているけど、大作への連続出演でどんどん磨かれていくトムだから、彼女が魅力を再確認して友情が恋に進展なんてこともあるかも。今後も目が離せません。
『スパイダーマン:ホームカミング』
12月20日(水)Blu-ray&DVD発売、同時レンタル開始 ※デジタル先行配信中
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド ロバート・ダウニーJr. マイケル・キートン マリサ・トメイ ゼンデイヤ トニー・レヴォロリ ローラ・ハリアー ジェイコブ・バタロン
(c) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.
| MARVEL and all related character names: (c) & TM 2017 MARVEL.
【公式サイト】(外部リンク)

タロン・エガートン:『シング』で歌った彼が『キングスマン』に主演!

 トムと同じく、イギリス生まれの28歳のタロン・エガートン。15年の映画『キングスマン』の大ヒットで脚光を浴びて、18年1月公開の第2弾『キングスマン:ゴールデン・サークル』では、師匠と仰ぐ最強スパイのハリーをも超える成長ぶり。キレッキレのアクションで悪の組織をなぎ倒す姿にうっとりしっぱなしだ。ちなみに、ロンドンの王立演劇学校を卒業した頃のエガートンは、ちょっとひ弱な演劇青年の風貌。ところが、卒業3年目にして『キングスマン』に抜擢されるやいなや、ハードな肉体改造開始。「大好きだったジャンクフードも口にせず、地獄のトレーニングを毎日毎日。前に持っていた洋服がすべて着られないくらい変わったんだ」ということで、厚い胸板と太い二の腕に。筋肉とは裏腹に、人懐っこい笑顔が母性本能をくすぐるベビーフェイスだから、ギャップ萌え必至。

 18年には、もう一作『ロビン・フッド:オリジンズ』が公開予定。ロビン・フッドといえば、かつてケビン・コスナーやラッセル・クロウなどが演じてきた歴史ある“ヒーロー・キャラ”だもの、いかに映画界が新星タロンに期待しているかがわかろうというもの。さらに、昨年公開の『シング/SING』では、ゴリラのジョニー役で見事な歌唱力を披露。そこに目を付けた『キングスマン』シリーズの監督マシュー・ヴォーンが製作する、エルトン・ジョンの半生を描くミュージカル映画にも主演が決定している。う〜ん、ルックスだけじゃなく、スキルの高さと豊富さもポイント!
『キングスマン:ゴールデン・サークル』
2018年1月5日(金)公開 配給: 20世紀FOX映画
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース ジュリアン・ムーア タロン・エガ―トン マーク・ストロング ハル・ベリー エルトン・ジョン チャニング・テイタム ジェフ・ブリッジス
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
【公式サイト】(外部リンク)

エズラ・ミラー:オペラ歌手から美少年…ついにヒーロー役に抜擢!

  • 『ジャスティス・リーグ』ジャパン・プレミアに出席したエズラ・ミラー (C)ORICON NewS inc.

    『ジャスティス・リーグ』ジャパン・プレミアに出席したエズラ・ミラー (C)ORICON NewS inc.

 イギリスの若手がハリウッドを席巻しているが、アメリカ生まれの俳優も頑張っている。25歳のエズラ・ミラーは、17年11月公開の『ジャスティス・リーグ』で、超高速で活動できるメタヒューマンのフラッシュにキャスティングされ、世界的な知名度を得た。もっとも彼の場合、小さい頃からメトロポリタン歌劇場などでオペラ歌手として名を馳せ、映画『少年は残酷な弓を射る』が11年のカンヌ国際映画祭で上映されると同時に、その美少年ぶりが大きな話題となっていた。翌年出演した映画『ウォールフラワー』でも知的で内気な美少年を演じていたし、その間にはバイセクシュアルであることも堂々とカミングアウト。そんな彼だけに、“良作のインディーズで輝く、知る人ぞ知るイケメン”という感じだったのだ。それが突如メジャー大作『ジャスティス・リーグ』に出演したのだから、衝撃のイメージ一新。同時に、人気の波及力はハンパじゃなかった。

 そんな状況にエズラ自身は「じつは子供の頃からヒーロー物が大好きで、自分で“ミスター・ピッグ”というヒーロー・コミックを描いたくらい。インディペンデントな良作に出演してきたことに悔いはないけど、今は夢だったヒーロー役が演じられて、最高の気分だ」。『ジャスティス・リーグ』はすでに第2弾の製作も始まっているし、16年に異端の魔法使いとして出演した大作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の第2弾『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にも出演も決定。ますますメジャー人気を獲得するだろう。
『ジャスティス・リーグ』
公開中 配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック ガル・ガドット ジェイソン・モモア エズラ・ミラー レイ・フィッシャー  
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
【公式サイト】(外部リンク)

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。