English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

ブルゾンちえみ「ネタは曲がないと作れない」、洋楽MVカバーは“財布をなくした”ご縁がきっかけ

 ネタはもちろん、『24時間テレビ』のマラソンランナー、ドラマ出演など、今年目覚しい活躍を見せたブルゾンちえみ。オースティン・マホーンの曲に乗せた“キャリアウーマン”ネタの「35億」は、流行語トップテンにも選出された。そんなブルゾン、現在は「Royal Flush」という新ユニットも組み、さまざまな洋楽アーティストのミュージックビデオをカバー。毎回大きな話題を呼んでいるが、彼女が洋楽や海外MVを選ぶ基準とは? 今年の活躍ぶりとともに、意外な“ご縁”を明かす。

自分を追い込むことが嫌いじゃない、しんどいほど「経験値が上がる!」

  • オースティンはブルゾンと音楽番組でも共演(『ダーティ・ワーク-ザ・アルバム』)

    オースティンはブルゾンと音楽番組でも共演(『ダーティ・ワーク-ザ・アルバム』)

――2017年のブルゾンちえみさんのご活躍は目覚しかったです。芸人としてデビューしたときに、今の状況について想像できたでしょうか?
ブルゾンちえみ いや、できてなかったですね。たとえばテレビに出ることができたとしても、徐々に…という感じだと思っていたので。こんなに、1年の間にいろいろやらせていただけるとは、想像もしていませんでした。

――流行語トップテンにも選ばれた「35億」というフレーズに対する思いは?
ブルゾンちえみ 単なる数字ですよ(笑)。私のギャグでも何でもなくて、2016年10月頃の地球上の男の数ってだけです。

――今年はネタ以外にもたくさんのことに挑戦した年だったと思います。連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)では主要キャストのひとりにも抜擢されたり、『24時間テレビ』(日本テレビ系)でチャリティーマラソンランナーを務めたりと、キャパオーバーなときもあったのではないかと。
ブルゾンちえみ そうですね。でも私は、もともとエンタテイメント全般、どれもとても好きなんです。お笑いも音楽も、お芝居を観るのもやるのも好きで、いろいろ学べる養成所に入っていたくらい。芸人としてデビューさせていただきましたが、結果的にさまざまなことをやれたことは、本当にうれしかった。音楽面でも、アーティストの方しか出られないようなステージでオースティン(マホーン)と一緒にパフォーマンスできましたし、いろんなジャンルに関われて、2017年はとても充実していました。

――この1年、笑わせていただいたり、ときにハラハラしながら観ていました。
ブルゾンちえみ 私、M気質というわけじゃないんですが、自分を追い込むことが嫌いじゃないんです。マラソン、陸上もそうで、しんどければしんどいほど、「それだけ自分の経験値が上がる!」っていう喜びが強くなるんです。

外国人の芸人・コーディーが、最初に日本に来たときに財布をなくして…

  • Royal Flush

    Royal Flush

  • 第3弾MVはDua Lipaの「New Rules」。Codyは左から3番目

    第3弾MVはDua Lipaの「New Rules」。Codyは下段写真左から3番目

――ブルゾンさんのネタにより、オースティン・マホーン「ダーティ・ワーク」の人気が急上昇しましたが、現在はRoyal Flush(ロイヤルフラッシュ)というユニットで洋楽MVのカバー映像を発表しています。この活動も、昔からやりたいことだったのでしょうか?
ブルゾンちえみ やりたかったです! 昔のノートや日記を見ると、「海外のミュージックビデオみたいな映像を撮りたい」とかって書いているんですよね。でも、どうやったらできるのかわからないし、専門の人の知り合いもいなかった。今の状況になってはじめて、協力してくださる方と知り合えたので、夢が叶ってうれしいです。

――ご自分からスタッフさんに提案されたんですか?
ブルゾンちえみ いえ、後輩の外国人の芸人・コーディー(Cody)が、ただ単に趣味で、プライベートでやろうよって言ってきたんです。彼は最初に日本に来たときに、財布をなくして結構大変な目に遭ったそうなんです。でも、そのときに助けてくれた日本人が、映像の監督をやっていた人だったんですって。そんなことがあったので、コーディーは私が海外のMVが好きだと知って、声をかけてくれた。全部、たまたまのご縁でやれたことなんです。

ネタは曲がないと作れない、音楽でインスピレーションを得るタイプ

――洋楽は以前からずっと好きだったんですか?
ブルゾンちえみ 洋楽にハマッたのは、ここ数年ですね。ただ、昔から音楽は好きで、高校時代は吉田兄弟のCDを全部買ったり、K-POPにハマッたりしていました。

――キャリアウーマンのネタは、「ダーティ・ワーク」という曲ありきで浮かんだんでしょうか。
ブルゾンちえみ そうです。私、ネタは曲がないと作れないというか、音楽でインスピレーションを得るタイプなんです。芸人さんはみんなそうだと思うんですけど、頭の中では、常にネタになるものはないかと探している。私の場合は、それを思いつくのが音楽を聴いているときなんです。「ここでこんな動きをしたらおもしろいな」とか、「こんな音で登場したいな」とか。MVも、もともと観るのが好きなんですよ。どの映像をカバーするかは、曲の人気は関係なくて、自分がワクワクするかどうか、仲間と一緒にやって楽しいかどうか。それだけです。なので、これからも音楽はずっと聴いていきたいし、いろいろ勉強もしていきたいですね。
(写真:草刈雅之 文:根岸聖子)

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。