English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

首位は渡辺謙と石原さとみ、『英語が上手いと思う芸能人ランキング 2017』

『英語が上手いと思う芸能人ランキング』女性部門1位の石原さとみ [拡大する]

『英語が上手いと思う芸能人ランキング』女性部門1位の石原さとみ

 日本人俳優やアスリートの海外進出、国際舞台での活躍が多く見られるようになってきた昨今。ドラマや映画など日本のエンタメ作品でも、英語のセリフが飛び出すこともしばしば。そんなときに注目されるのが、その人の英会話力だ。そこで『English Style』では、ユーザー調査による『英語が上手いと思う芸能人ランキング』を発表。「男性部門」は世界で活躍する俳優・渡辺謙が、「女性部門」では英語を披露するCMでもお馴染みの女優・石原さとみが1位に輝いた。 

◆男性部門1位はハリウッドやブロードウェイで活躍する渡辺謙

 まず男性部門で1位に輝いたのは、俳優の渡辺謙だ。映画『ラストサムライ』でアカデミー賞助演男優賞候補になってから、ハリウッド大作にコンスタントに出演。さらに、ブロードウェイミュージカル『王様と私』主演を務め、舞台の最高峰とされるトニー賞にもノミネートされた。先ごろ、2018年夏にロンドンで上演される同作でも主演を務めることが発表された。

 初の海外進出作『ラストサムライ』のときは、劇中のセリフ以外は通訳を必要としていた渡辺だが、その後の猛勉強もあって今では現地取材も英語で対応できるまでに。40代半ばからの勉強でここまでの上達を果たしたのは、本人の努力以外のなにものでもない。「ブロードウェイミュージカルで主演を務めるにはネイティブイングリッシュが要求されるから」(60代・男性)、「中年以降に英語を勉強し始めて、舞台の練習をこなし(その様子の密着テレビ番組を見た)、演じるのはかなり難易度が高いと思う。発音もきれい」(40代・女性)など、渡辺と同世代からの支持のほか、「ハリウッド映画などにも出ていて、英語がうまいと思った」(20代・男性)、「インタビューにはっきりと答えていた」(30代・男性)など、若い世代からも支持されていることがわかった。

◆女性部門1位はCMや役柄のイメージが強い石原さとみ

 「女性部門」で1位となったのは、英会話教室イーオンのCMにも出演する石原さとみ。ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)や、映画『シン・ゴジラ』での英語をしゃべる役柄のイメージが強いようで、ユーザーからは「テレビCMで流暢な英語を話しているから」(30代・男性)、「ドラマがあったからか、すっかり英語のイメージが定着した」(20代・女性)といった声が寄せられた。

 また、「一生懸命勉強したらあそこまで上手になれる。私もあんなふうになれるかなと思った」(20代・女性)、「長く英語圏で生活していたわけでないのに、あれだけ流暢にしゃべれるのは素晴らしいと思う」(50代 男性)など、男性1位の渡辺同様、本人の努力を評価する声も。英語を学ぶ人々にとっては、彼らのような存在は憧れでもあり、目標とも考えられているようだ。

◆芸能ニュースなどを通じて英語力が評価された

 40代以上の支持を集めたのは、ディーン・フジオカ小林克也伊勢谷友介イチロー早見優西田ひかるすみれ松田聖子など、海外経験が豊富か、独学で英語圏の人々と対等に会話ができるようになったことで有名な面々がそろっている。若い世代からの支持が集中したのは、福士蒼汰錦織圭鈴木亮平、石原さとみ、宇多田ヒカルら。福士、錦織、鈴木には、「英語を話しているのを見たことあるが、とても聞き取りやすい」(20代・女性)とか「インタビューで普通に英語で受け答えをしている。CMでも英語を披露している姿を見るから」(20代・男性)、「海外特派員協会の会見でとても流暢だったのを見た」(30代・男性)と、芸能ニュースなどで彼らが英語で受け答えする姿を見て、という声が多かった。

 その一方で、宇多田や関根麻里のように、海外で育ったことが知られている有名人には、「ほぼネイティブレベル、むしろ日本語よりうまいのではないかと思う」(30代 男性)「朝の情報番組に出演していた時にとても上手だと思ったし、ハリウッドスターにも普通にインタビューしていた」(20代 女性)という、実績の評価がされたコメントが届いている。

 意外だったのは、いわゆる“ハーフタレント”として活躍する面々が、上位にランクインしなかったこと。外国人の親を持つタレントは、ルックスのイメージが強いせいか「英語がうまい」ではなく「英語ができて当然」と思われているかもしれない。
(文:よしひろまさみち)

【英語が上手だと思う芸能人ランキング】
<男性部門>
1位/渡辺謙
2位/福士蒼汰
3位/ディーン・フジオカ
4位/錦織圭
5位/鈴木亮平
6位/小林克也
7位/伊勢谷友介
8位/山下智久
9位/イチロー
10位/櫻井翔()

<女性部門>
1位/石原さとみ
2位/宇多田ヒカル
3位/関根麻里
4位/河北麻友子
5位/早見優
6位/ゆりやんレトリィバァ
7位/西田ひかる
8位/すみれ
9位/ローラ
10位/SHELLY

【調査概要】
調査時期:2017年5月23日〜2017年5月26日
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代以上の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

>> 講師の質で人気の【英会話スクール】はココ!

>> 大物からもラブコール続出 米歌姫アリアナ人気の理由

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。