海外映画の“字幕翻訳家”にはどうなれる? 一般的な方法も紹介

海外映画の“字幕翻訳家”になる方法とは? [拡大する]

海外映画の“字幕翻訳家”になる方法とは?

 海外の映画やドラマを字幕や吹替で見ながら、自分も翻訳してみたいと考える人も多いのではないだろうか。自分が生み出した吹替作品が多くの人に見られることは、非常にうれしいことだろう。では、どうすれば、そんな仕事ができるのか? 今回は、字幕翻訳や吹替翻訳を行う映像翻訳家(映像翻訳者)になる方法を紹介する。

 映画の字幕翻訳家として日本で最も知られているのは、戸田奈津子氏だろう。戸田氏は字幕翻訳家の清水俊二氏に師事していたことでも有名だ。まだ字幕翻訳家が少なかった頃は、現役の映像翻訳家に弟子入りすることも少なくなかったようだ。

 今の映像翻訳の世界は、映画やドラマに限らず、ドキュメンタリー番組やスポーツ番組、ニュース番組、音楽番組、ネット配信番組など幅広いジャンルがあり、それに対応する能力が求められるようになってきている。種類が多岐に渡るように、映像翻訳家になる方法も多様化している。

 さまざまな映像に対処するために、制作現場でディレクターとして数多くの映像制作に携わりながら必要な知識を蓄える方法も有効だ。また、配給会社の知人を通して初仕事につながった人もいるので人脈も重要といえる。

 ただ、制作会社と仕事する場合には、まずトライアルを受けて、合格してはじめて登録となるのが一般的だ。そのために翻訳学校に通って知識と経験を積む人が多い。そこから、映像翻訳家の講師の手伝いをしながら、徐々に人脈を広げて仕事を増やした人もいる。また、翻訳学校のゼミに参加して、先輩の仕事である映画やドラマの字幕翻訳や吹替翻訳の下訳を引き受けて経験を積む人もいる。

 通える場所に翻訳学校がない場合は、通信講座を受講して、その翻訳学校の翻訳者ネットワークに登録、修了後にコンテストやトライアルに参加する人もわりと多い。実際、字幕翻訳コンテストに応募して、最優秀賞を受賞したのがきっかけで字幕翻訳家としてデビューした人もいる。映像翻訳スクールで学ぶ場合も、修了後にトライアル試験に合格することで初仕事につながることが多いようだ。

 最近では、さまざまな字幕翻訳ソフトが登場して自身で好きに字幕をつけたり、大学の授業で字幕翻訳してみたりと、映像翻訳が以前より身近になってきている。まずは、お気に入りの映画(DVD)を1本決めて、自分だったらどんな字幕翻訳にするだろうと考えながら、英語の表現を学ぶことで、楽しみながら英語が上達することができるかもしれない。

【文/寺本亜紀】

>> 英語の上達に最適! 美しい“ブリティッシュ”が学べる「映画&俳優」

>> 利用者1万7788人が選んだ! 通いやすい【英会話スクール】はドコ?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close