English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

注目のボーカルグループ“リトグリ”が、アリアナ・グランデから言われた「ガンバッテ!」に感激

 ドラマ『陸王』(TBS系)で歌う劇中歌「Jupiter」が話題のLittle Glee Monster。美しいハーモニーが魅力の彼女たちは、この夏、アリアナ・グランデの来日公演のサポートアクトにも挑戦。アリアナとのエピソードや、英語詞を歌うときの苦労話、海外活動への展望まで語ってくれた。

アリアナから「ガンバッテ!」と声をかけていただきました

――皆さんは8月にアリアナ・グランデのサポートアクトも務めましたが、いかがでしたか?
かれん たくさん話せる時間はなかったんですが、日本語で「ガンバッテ!」と声をかけていただきました。
芹奈 それがカタコトの日本語ではなく、ちゃんとしたイントネーションの日本語だったので、びっくりしました!
アサヒ ライブ中も、かなり日本語で話していたよね。
MAYU そうそう。本当に日本人みたいですごかった! 彼女の日本語はスッと入ってくるんですよ。

――そのサポートアクトでは洋楽カバーを多く披露していましたが、皆さんは普段からレコーディングで英語の発音に気をつけているそうですね。
manaka “R”と“L”の発音といった基本的なこともそうですが、ネイティブの方にイントネーションをディレクションしていただいています。海外の方にもきちんと伝わるよう心がけていて。
MAYU アサヒはめっちゃ苦労してたよね。
アサヒ 私は発音の違いがわからなかったので、「こうかな?」と思って歌ってみても、「惜しい!」と言われることが多かったです(笑)。

リトグリがサポートアクトを務めたアリアナ・グランデ来日公演

リトグリがサポートアクトを務めたアリアナ・グランデ来日公演

スティーヴィー・ワンダーといつか共演したい!

――いま吸収していることは、海外での活動にも生かせますね。
manaka 武道館でのライブのほかに、海外での活動も結成当時からの夢なんです。だから、いつかワールドツアーができる時のために、海外のアーティストの方とちゃんと交流できるよう、英語はもう少し強化してきたいです。

――いつか共演したい!と思っている海外アーティストはいますか?
芹奈 スティーヴィー・ワンダーさんです。
芹奈以外の4人 おぉ!
manaka あと、ペンタトニックスさん。私たちはデビュー前に共演させていただいて、それ以降ご挨拶をさせていただくようになっているんです。アカペラという共通する部分があるせいか、私たちとペンタトニックスさん、両方好きと言ってくださるファンの方もいるんですね。また一緒にステージに立てるように、スキルアップしたいです。

私たちの曲がファンの方の活力になっていると思うとうれしい

――そんな海外への夢を持つリトグリの新曲は、それぞれ違う魅力を引き出した2曲です。
かれん 「OVER」はトラックからも歌詞からも元気がもらえる曲。ライブでもファンの皆さんと掛け合うところがあって盛り上がるので、きっと友だち同士でカラオケで歌ってもアガるんじゃないかなと思います。
芹奈 スガ シカオさんに書いていただいた「ヒカルカケラ」は、恋する女の子の気持ちを具体的に書かれているんです。詞と同じように、年上の男性に恋をしている人だけが共感するのではなく、恋の甘酸っぱさは誰もが共感できるんじゃないかなって思います。

――今年はデビューして3周年。来年にはアリーナでのライブも決定しました。
かれん ライブには家族で来てくださる方も増えただけでなく、会場で手紙をいただく機会も増えました。中には、「これから受験なのでライブにはしばらく行けないけれど、今日のライブを糧に勉強を頑張ります!」という受験生からの声もあって。私たちの曲がファンの方の活力になっていると思うと、本当にうれしいです。これからも皆さんの心に届く歌を歌えるように、頑張ります!
(文/洲崎美佳子)

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。