3分でできる「英語力」の腕試し! あなたなら何問わかる?

3分でできるクイズで自分の「英語力」を試してみよう! [拡大する]

3分でできるクイズで自分の「英語力」を試してみよう!

 動物などを数える際に、「匹」「頭」など言い方が変わることは日本語でよくあること。英語では、「群れ」の表現方法が異なり、ユニークなものも多いのをご存知だろうか。

 そこで今回は、動物の「集団」「群れ」にあたる英語表現をクイズ形式で10問出題する。あなたは何問わかるだろうか?

【Q1】
魚の群れ

【答え】
a school of fish
_________

【Q2】
ゴリラの群れ

【答え】
a band of gorillas
_________

【Q3】
サルの群れ

【答え】
a troop of monkeys
_________

【Q4】
ライオンの群れ

【答え】
a pride of lions
_________

【Q5】
子猫の群れ

【答え】
a kindle of kittens
_________

【Q6】
猫の群れ

【答え】
a clowder of cats
_________

【Q7】
犬の群れ

【答え】
a pack of dogs
_________

【Q8】
牛の群れ

【答え】
a herd of cattle
_________

【Q9】
象の群れ

【答え】
a parade of elephants
_________

【Q10】
白鳥の群れ

【答え】
a game of swans
_________

【Q11】
羊の群れ

【答え】
a flock of sheep
_________

【Q12】
ツバメの群れ

【答え】
a flight of swallows
_________

【Q13】
毛虫の群れ

【答え】
an army of caterpillars
_________

【Q14】
アリの群れ

【答え】
a swarm of ants


 子猫と猫でも表現が違うなど、「なぜそうなる?」と理由が知りたくなる表現も多いが、決まりとして覚えてしまう方がいいだろう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 気になる“講師の質” 満足度の高さで選ばれた【英会話スクール】1位は…

>> 【あわせて読みたい】日本の恥ずかしい英語表現を紹介! 何が違うかわかる?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close