今年こそ「TOEIC」をモノに! おすすめ参考書&問題集を紹介

『改訂版 できる人のTOEICテスト勉強法』(KADOKAWA/中経出版) [拡大する]

『改訂版 できる人のTOEICテスト勉強法』(KADOKAWA/中経出版)

 今年の『武器になりそうな資格』や『取ってみたい資格』で2位(ユーキャン調べ)になるなど、ビジネスにおいて重要度を増している「TOEIC」。どうせ勉強するならしっかり身につけたいと思いつつ、「参考書などがたくさんありすぎて選べない」という人もいるだろう。そこで今回は、2014年に発売された中から、おすすめのTOEIC学習本を紹介したい。

 TOEIC学習の鉄板と呼ばれる参考書も存在するが、出題傾向が変わることもあり最新版での学習が必要になる。そこで、昨年出版された有名講師のTOEICの参考書や問題集を発売順に挙げていく。

●『新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策』朝日新聞出版(2014/4/8)
森田鉄也、花田徹也、神崎正哉、ヒロ前田 他 (著)

 カリスマ講師陣8人が、得意なパートをそれぞれ担当して練習問題を解説。全パート無料音声ダウンロード付き。

●『たった4時間でTOEICテストリスニング完全攻略』フォレスト出版(2014/8/23)
中尾享子 (著)

 著者は、元代々木ゼミナールの人気講師、現在はCA合格&TOEIC200点UP塾の塾長。わかりやすい解説CD付。

●『新TOEIC TEST 初心者特急 読解編』朝日新聞出版(2014/9/19)
神崎正哉、TEX加藤、Daniel Warriner (著)

 初級者のためのTOEICパート7(読解問題)の練習本。ネイティブスピーカーが読み上げた音声ファイルなどが無料でダウンロードできるオンラインサポートもある。

●『TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】』アルク(2014/11/20)
ヒロ前田 (著)

 パート5(文法・語彙問題)の難問のパターンを網羅。400を超える問題で徹底トレーニング。

●『改訂版 できる人のTOEICテスト勉強法』KADOKAWA/中経出版(2014/12/26)
中村澄子 (著)

 著者は、エール大学でMBA(経営学修士)を取得した後、東京・八重洲でTOEIC教室を運営し、講師を務める。購読者2万人を超える人気メールマガジン「時間のないあなたに!即効TOEIC TEST250点UP」も発行。

 同書は2008年8月刊行の『できる人のTOEICテスト勉強法』の内容を最新傾向に合わせて大幅に加筆・修正した改訂版となっている。

 このほか、『「音声DL付」聞いて覚える英単語 キクタンTOEIC(R) Test』シリーズなどもKindle版でも続々発売されている。通勤などの移動中にも学習できるので、自分に合った使い方で英語力アップにつなげるのはどうだろうか。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close