「TOEIC」は2015年の“武器”になる!? 受験者数も増加傾向

『2015年こそ武器になりそうな資格』意識調査の結果(ユーキャン発表) [拡大する]

『2015年こそ武器になりそうな資格』意識調査の結果(ユーキャン発表)

 ビジネス英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストとして認識されている「TOEIC」。日本においても、同テストを英語運用能力の評価基準の一つとしている企業も多数あり、英語スキルの証明に役立つとされてきたが、2015年はさらに注目を集めそうな調査結果があった。

 それが、きのう9日にユーキャンが発表した2015年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査。『2015年こそ武器になりそうな資格』として、「TOEIC」が2位となっていた(ちなみに、1位はファイナンシャルプランナー)。

 今年における実際の状況をみても、2014年度に新入社員へTOEIC IPテスト(団体特別受験制度)を実施している企業数は791社にも上り、新入社員の受験者数は3万212人と過去最高を記録している。

 さらに、TOEICスコアを人事考課の一つとして考えている企業も増えており、受験者数は学生よりも社会人が多くなっている。就職試験のためにTOEICテストを受験する大学生も年々増加しているのだ。

 また、同調査の『2015年に取ってみたい資格』についても、ファイナンシャルプランナーに次いでTOEICが2位に。実際に受験した人に「知識がどのように役立っているのか」を聞いており、「海外出張時やプライベートの海外旅行時に重宝している」(神奈川県・40代・男性)、「外国人とのコミュニケーションに壁をあまり感じずに済む」(神奈川県・20代・女性)といったコメントも出ている。

 昨今の訪日外国人の増加もあり、今後英語を使う機会がますます増えるだろう。そういったことも含め、2015年はTOEICが今まで以上に“武器”になるかもしれない。

◆調査概要
調査対象:20代〜40代の男女 997人(男性498名、女性499名)
実施期間:2014年10月31日〜11月1日
実施方法:インターネット調査
対象地域:全国

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close