English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

「Squad」の意味知ってる? 交友関係を示すスラング【4選】

交友関係を表すスラングを覚えて、友人との距離を縮めてみては? [拡大する]

交友関係を表すスラングを覚えて、友人との距離を縮めてみては?

 日本に流行語があるように、海外でも新しい言葉は次々と生まれている。留学先や旅行先で円滑なコミュニケーションをとるためにも、多く覚えておきたいものだ。これまでもさまざまな言葉を紹介してきたが(関連記事参照)、今回は「友達」を表すスラングを紹介していく。

【1】Bro
 「Brother」の略語で、男性が仲のいい友達に対して使う。「What's up」のあとに使われることが多い。ちなみに、女性は「sister」の略語で「sis」を呼び合うことがある。

<例文>
What's up bro? Great to see you again!
(兄弟、元気? また会えて嬉しいよ!)

【2】Homie
 「homeboy(ホームボーイ)」が進化した単語。「仲のいい友達」という意味で、男女関係なく使える言葉でもある。

<例文>
You know that guy? He's my homie.
(彼のこと知ってるの? 私の仲のいい友達だよ)

【3】Squad
 「一番仲のいいグループ」または「いつも一緒にいるメンバー」という意味。元々は「分隊」を表す軍事用語として使われていた単語だが、最近ではスラングとして違った意味を持つようになった。

<例文>
I'm going to go to the soccer game with my squad tomorrow.
(あす、いつも一緒にいる仲間と一緒にサッカーの試合に行くんだ)

【4】Bud
 「Buddy」の略語で、「仲間」や「相棒」といった意味。少し古臭い表現だが、たまに使う人がいるので覚えておくとよい。

<例文>
Can you take out the trash? Thanks bud.
(ゴミ捨て場にゴミ出してくれる? ありがとう相棒)

 今回紹介した4つは、北米を中心によく使われている。関係性によって異なる言葉を使う必要があるので、うまく表現できるように覚えておこう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 英語を習得したいなら確認! 満足度で選ばれた「英会話スクール」ランキング

>> 「lol」「omg」はもう古い? ネイティブが使う“流行スラング”5選

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。