「lol」「omg」はもう古い? ネイティブが使う“流行スラング”5選

ネイティブの間で使われている最新「スラング」を5つ紹介! [拡大する]

ネイティブの間で使われている最新「スラング」を5つ紹介!

 ネイティブの若者の間で流行っている俗語「スラング」。「lol(laughing out loud)」や「omg(oh my god)」などはよく見かけるかもしれないが、海外では常に新しいスラングが生まれている。これまでも様々紹介してきたが(※関連記事参照)、今回は2016年に流行語となりそうな表現を5つ紹介したい。

【1】turnt
「お酒を飲んで盛り上がる」という意味。「turn up」ともいわれる。

<例文>
Let's get turnt tonight!
(今夜はお酒を飲んで盛り上がろう!)

【2】shade
 直訳すると「影」だが、この場合は「バカにする」「悪口を言う」という意味。

<例文>
She's throwing me so much shade on twitter.
(彼女がツイッターですごい悪口を言っているよ)

【3】lit
「お酒に酔っている」という意味。「楽しい」「盛り上がる」などの状況を説明するときも使われる。

<例文>
Last night was so lit!
(昨日の夜は超盛り上がったよ!)

【4】savage
「すごい」「やばい」「かっこいい」を表すときに使う言葉。

<例文>
John is a savage. He just ignored a phone call from his girlfriend!
(ジョンやばいよ、彼女の電話を無視してる!)

【5】squad
 仲の良い友達のグループを指すときに使われる。

<例文>
Do you want to join our squad?
(僕たちのグループに入りたい?)

 今回紹介したスラングは、ネイティブの間では使用頻度の高いものなので、ぜひ覚えておこう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 「英会話」を極めるなら確認! “習得度”で選ばれたスクールランキング

>> SNSで使われる略語&スラング【12選】 「Af」「Tb」の意味わかる?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close