TOEICのスコアに有効期限はあるのか!? “2年説”の真相も紹介

TOEICのスコアに有効期限はあるのか!? [拡大する]

TOEICのスコアに有効期限はあるのか!?

 就職活動や社内の昇格のために受験する人が年々増えているTOEIC。日本の社会では、英語力を証明する指標として、すっかり一般的になっている。そんなTOEICだが、自分のスコアを履歴書などに記載する際に“有効期限”はあるのだろうか。巷でいわれる“2年説”の真意についても紹介する。

 まず、TOEICのスコアに有効期限があるか否かについて。一部で「有効期限は2年。それ以降のものは証明にならない」と言われることがあるが、実際には「何年前のスコアであっても無効にはならず有効」というのが正しい。つまり、「TOEICのスコアに有効期限はない」ということだ。

 では、有効期限“2年説”はどうして起きたのか。

 これについては、おそらくTOEIC運営委員会が、公式認定証(Official Score Certificate)の再発行できる期限を「試験日から2年以内」と定めていることから、誤解が生じたものだろう。

 ただ、学校側や企業側が「○年以内の公式認定証のスコアを記載すること」などと定めている場合には、それに従ってスコアを提示する必要があるので注意が必要。

 また、就職の際には、内定後にTOEICなど資格証明書のコピー提出を求められることもある。公式認定証の再発行の対象は試験日から2年以内のものとなっているので、いざ証明が必要なときに申請できない恐れもある。公式認定証は手元に残すようにしよう。

 公式認定証の再発行には、再発行依頼書とゆうちょ銀行、または郵便局窓口で6ヶ月以内に発行された定額小為替(または普通為替)、公式認定証1部につき500円(税込)が必要となる(2014年9月現在)。

 とはいえ、10年前に取得したスコアよりも、1年前に取得したスコアの方が受け手側にとっては現在の実力を図る目安になるといえる。そのためにも、定期的にTOEICを受験して、英語力を維持もしくは向上させましょう。

>>「学校・授業の雰囲気」の満足度が高い
【英会話スクール】ランキング

>>「外資系企業」が選んだ
【英会話スクール】ベスト5

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close