最新2021年 英会話スクールランキング|オリコン顧客満足度

ビジネス英会話 満足度ランキング

1位

ベルリッツ

76.12
グループ マンツーマン

エリア全国

  • 40代/男性
    40代/男性

    講師の質が高い。単なる雑談になったり、テキストをただ進めるだけの単調なレッスンにならず、例えば今アメリカで起きてる事象は日本人の私はxxのように理解しているが、米国のマジョリティの意見としてはどうか、マイノリティは何を求めているのか、などの深い話ができるのがよい。質だけでなく、講師のバックグラウンドも様々なので、その前のレッスンで聞いた話が、別の講師はzzのように思うなど、人間として聞けるところも良い。(40代/男性)

    60代以上/女性
    60代以上/女性

    英国で習得したイギリス英語の維持の目的で受講し、英語人講師を指定して受講しました。教室に所属する英国人は2名で、2名とも熱心で知識も豊富であった。講師は20歳代と30歳代であったが、年上の人(私)をファーストネームで呼ぶのは抵抗があると言うように、すべてにおいて英国人らしく品格がありしかも親しみやすく、好環境で学習できた。(60代以上/女性)

    60代以上/女性
    60代以上/女性

    受付での対応が丁寧かつ適切だと感じたこと。 「ベルリッツメソッド」という日本語を使わずすべて英語での会話で文法の型を習得するというよりネイティブに近い実践的な勉強方法であること。一般的な英会話ではなく、仕事で使える英会話を学ぶことが出来たこと。レッスンは個室で行われるため、集中できたこと。(60代以上/女性)

    50代/男性
    50代/男性

    私が通っていたベルリッツ英会話学校は、ネイティブの講師が多く在籍しており、マンツーマンでのレッスンでは、非常に分かりやすく、フレンドリーなレッスンで、楽しく学ぶことが出来た上に、スキルもかなり向上した。そういう意味では、かなりコストパフォーマンスが良い学校だと思われます。(50代/男性)

    60代以上/女性
    60代以上/女性

    講師の質が高いこと。マンツーマンレッスンだとしっかりと話す時間をとってももらえたのが良かった。ビジネス英語に対応していること。テキストの内容が英会話のための例文ではなく、具体的な会議やプレゼンテーションを模していて実用的だった。(60代以上/女性)

2位

76.00
グループ マンツーマン

ラウンドアップは、レベル別に文法を習いながら進めるので、予習および復習をして受講すれば確実に力がつきます。テキストおよび講師は最高点だと思います。料金が高いのは、それだけの知識のある講師が少人数体制で教えるのだから、大勢で習う習字の塾などとは違い、ある程度やむを得ないのかと思います。(40代/男性)

仕事がら、決められた日に通うことが難しい状況ですで、決めた日時を変更することが多いのですが、教室の方で柔軟に対応して頂くことができている。比較的自由に通学しているが、先生や他の生徒との会話を通じて、自分でも会話が上達し、英語を聞き分けられるようになってきている。(50代/男性)

料金は高い感はあるものの、指導・教育システムが整っており、体系だって教えてくれると思う。講師の質が他とは違うのではないかと思うくらいとてもよく、楽しく英語を身に着けることができる。また、体系だっているため、講師が変わっても大きく変わることがないところが良い。(30代/男性)

講師もプロフェッショナルなだけでなく、フレンドリーで授業中でもその終わった後でも楽しく会話できるのでとてもやる気が持てる。また、スタッフも何かわからない時に気軽に質問できるような感じで、あまり気を使わないのでその点もいいと思った。(20代/男性)

非常に学習に取り組む環境が整っているので集中して勉強することができること。また講師の方の熱心で明るい人柄も魅力的であると思うこと。通い始めて外国の方とのコミュニケーションも抵抗なく取れるようになり世界が広がったように感じるので。(30代/男性)

3位

75.36
グループ マンツーマン

臨時の先生含め、どの先生に当たってもきちんとした内容のレッスンが受けられました。特に文法クラスの日本人講師は知識がどの先生も豊富で、かなり英語能力給が向上しました(TOEIC580点→910点)。 スタッフさんたちも生徒の名前をすべて覚えてくれていて、受講中態度やレベルについても知ってくれておりいつもフレンドリーに様々なお話しができました。(30代/女性)

友人の紹介で体験入学から通い始めました。スタッフの方が丁寧で親切な対応でカリキュラムなど説明してくれて好感が持てました。個人レッスンで緊張していましたが講師の方がフレンドリーに接してくれて学びやすい環境を整えてくれました。今では通うことが楽しく自分の英語力も伸びていると実感しています。(10代/男性)

ECC外語学院のテキストがしっかりとしていて、予習や復習もしやすくて学習の助けになりました。講師陣のクオリティも高くて、生徒全員に対してちゃんと気配りしてくれて、特定の生徒に偏った授業じゃ無くて良かったです。雰囲気は和やかで、みんなリラックスした居心地のいい雰囲気で学べました。(40代/男性)

近隣に出来たららぽーと海老名店に入店していて友人が通い始めて教室の環境や講師の方が丁寧で親しみやすいからと誘われて入会しました。体験入学からスタッフの方が丁寧で好感が持てました。実際に通ってからも学びやすく効果も実感できているので満足しています。(20代/女性)

講師が、間違いをその場で指摘するのはもちろん、レッスンの後に、メモを渡してくれるので、復習がはかどる。特に、紛らわしい文法は、似た例を挙げて示してもらえる等、細かい気くばりが、どの講師もあり、単なる会話の練習を越えた内容がありがたい。(60代以上/男性)

4位

Gabaマンツーマン英会話

73.17
マンツーマン
  • 40代/女性
    40代/女性

    講師もスタッフも質が他のスクールに比べてダントツに良かった。講師はただ単に間違えを直すだけではなく、ボキャブラリーが広がるような教え方や自分の気付かないような癖まで指摘してくれてとても助かった。スタッフは皆さんとても感じがよく、また決め細やかなアドバイスをくれるので気持ち良く安心して通うことができた。(40代/女性)

    40代/女性
    40代/女性

    インストラクターがいつも連携してレッスンをすすめてくれていた。外資系に転職するのを迷っていたときには面接や履歴書の書き方で英語の場合は全く違うことを教えてくれ手伝ってくれた。(40代/女性)

    40代/女性
    40代/女性

    インストラクターの知識と生徒の要望に対するインストラクター同士の連携は1年前までめちゃくちゃ良かった。インストラクター同士の仲の良さや雰囲気が生徒のやる気にも影響する。(40代/女性)

    30代/女性
    30代/女性

    講師の質が高い。教え方が上手。専用サイトで授業の予約や予習復習ができる。講師に伝えたいことを日本人カウンセラーに相談できる。(30代/女性)

    20代/男性
    20代/男性

    マンツーマンレッスンなので講師と友人のような関係になり、よりフランクにレッスンを受けられる。(20代/男性)

5位

NOVA

72.98
グループ マンツーマン

エリア全国

  • 40代/女性
    40代/女性

    NOVAで良かったと思っています。今まで何度も英語は挫折していましたが、今続けられる理由は、教室の日本人スタッフのサポートが大きいです。ネイティブの先生のおっしゃったことが、日本語の微妙なニュアンス、自分の理解があっているかなど、日本人のスタッフからもみてもらえるので、安心して通っています。(40代/女性)

    50代/女性
    50代/女性

    入会するときに他の教室も調べたが、固定時間以外のプランを選ぶととても高額で、NOVAはとても安かった。先生がいろいろ選べて、テキスト以外にも、毎回普段の会話に関する英会話をたっぷり教えてくれる。オンラインでポイント利用ができて、教室以外でも英語に触れられる時間が多い(50代/女性)

    60代以上/男性
    60代以上/男性

    校舎が多く、通いやすい立地。割りと気楽に受講できる雰囲気がある。講師はそれぞれで多少ムラがあるが、おおむねフレンドリー。中にはとても親切、丁寧で素晴らしい講師もいる。 事務の方は、個人差が大きいが、まあ取り立てて不満はない。(60代以上/男性)

    20代/女性
    20代/女性

    いつも教室に入ると講師、スタッフがあいさつをしてくれるので雰囲気が良い。数ヶ月教室に通えていなかった時、スタッフがこれからの授業の受け方などを丁寧にアドバイスしてくれた。授業もはきはき話してくれるので分かりやすい。(20代/女性)

    20代/女性
    20代/女性

    講師が全員外国人である点が1番良い点だと思い通うことを決めました。また、駅前留学で通いやすく、登録した学校以外の校舎にも通える点が便利でした。ネット予約は毎回活用し、時間の空いた時に予約出来るのが助かりました。(20代/女性)

6位

71.82
グループ マンツーマン

入会時、受け付けのお姉さんに淹れていただいた紅茶をいただきながらゆっくりお話しました。通ってるクリニックや母の家の関係で隔週2日ずつしか予定が入れられないことや、クイーンズイングリッシュに憧れて入りたかった事など話して希望に合うように組んでもらいました。レッスンの時に日本語にしないとわからなかった事はお姉さんに質問して解決していました。月謝制でレッスンのポイントがたまったらタダでレッスンのプレゼントがもらえました。定期的にいただくプリントには要望が書けるようになっていて、きめ細かいレッスンが受けられました。(50代/女性)

講師がネイティブの人ばかりで、かつレッスンの効果を高めるための工夫(テキストに沿った授業だけではなく)があったこと。また、普段の英会話レッスンだけではなくTOEIC対策講座などの様々な学習志向に沿った講座にも参加することが出来たこと。(40代/男性)

講師陣はすべて英国出身で、正確な英国英語を学ぶことができただけでなく、英国文化についても見識を広げることができた。定期的にレベルチェックが行われるが、都度的確なアドバイスが得られ、効率的に英語力向上につなげることができた。(50代/男性)

イギリス英語が学べる点、イギリス出身の講師が多い、先生はいろんなタイプがいるが、フレンドリーな人が多い。プライベートレッスンはレッスンをカスタマイズできるので、要望を伝えて希望のレッスンをしてくれる。(40代/女性)

事務関連の担当の方の入会手続きや授業内容等の説明が丁寧であったこと。先生もわからない点や授業以外の内容の質問にも丁寧に対応していただいたこと。(50代/男性)

項目別の並べ替えは、既定のN数および得点を満たしている企業が対象となります。
その他回答があった企業は並べ替えの対象外となります。

英会話スクールの顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 入会手続き・特典 講師 スタッフ カリキュラム・教材 教室の雰囲気 授業の受けやすさ レッスンの環境 適切なレッスン料 英語の習得度 サポート体制
地域別 北海道 東北 関東 甲信越・北陸 東海 近畿 中国・四国 九州・沖縄
年代別 20代 30代 40代 50代 60代以上
レベル別 初心者
目的別 日常英会話 ビジネス英会話 トラベル英会話 資格対策 留学・ホームステイ
クラス別 マンツーマン グループ

※文字がグレーの部門は当社規定の条件を満たした企業が2社未満のため発表しておりません。

英会話スクール 利用者3,780人が重視した項目

授業の受けやすさ
14.04%
講師
13.66%
入会手続き・特典
13.02%
カリキュラム・教材
12.58%
適切なレッスン料
10.62%
レッスンの環境
8.59%
教室の雰囲気
8.09%
スタッフ
7.75%
英語の習得度
7.12%
サポート体制
4.54%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

おすすめの英会話スクール ビジネス英会話ランキングまとめ

  1. 1位 ベルリッツ 76.12点
  2. 2位 英会話イーオン 76.00点
  3. 3位 ECC外語学院 75.36点
  4. 4位 Gabaマンツーマン英会話 73.17点
  5. 5位 NOVA 72.98点
  6. 6位 シェーン英会話 71.82点

地域別 満足度の高い英会話スクール

法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度

ビジネス英会話に関するよくある質問

Q.ビジネス英会話と日常英会話との違いは?

Answer
ビジネス英会話は、ビジネスシーンで使われる英会話のことで、日常英会話と共通する部分もありますが、それ以外にビジネス特有の表現やマナーなどが多数存在します。

ビジネス英会話では、極力直接的な表現を避け、できるだけ丁寧な表現が使われます。簡単な例を挙げれば、下記のような違いがあります。
日常英会話 ビジネス英会話
Hi. / Hey.
(やあ)
Hello.
(こんにちは)
Good afternoon. / Good evening.
(こんにちは/こんばんは)
Thanks. / Thank you.
(ありがとう)
Thank you for ...
(……をありがとうございます)
I appreciate your ...
(……に感謝いたします)
It is much appreciated.
(大変感謝いたします)
Can you ...?
(……してもらえますか?)
Could you ...? / Could you please ...?
(……していただけますか?)
I was wondering if you could ...
(……していただければと思いますが)
Sorry.
(ごめんなさい)
I am sorry.
(申しわけありません)
I apologize for ...
(……をお詫び申し上げます)

共通する部分は多少あるものの、こういった一般的なシチュエーションでも、ビジネス英会話では丁寧な表現になっていることはお分かりいただけたでしょうか。
詳しくは、下記のページを参考にしてください。

> ビジネス英語と日常英会話の違いって?シーン別フレーズ・例文、初心者向けの勉強法も解説

Q.「ビジネスレベルの英会話力」とは、具体的にどれくらいのレベルを指す?

Answer
求人広告などで見る「ビジネスレベルの英会話力」は、TOEIC800点以上などといったイメージが多いです。ただし、実際にビジネスのシーンで使用する際は、場合によって日常英会話よりも簡単なこともあるようです。

ビジネスレベルの英会話力というと、とても高度な英語力が必要ではないか、と想像する人も多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。なぜなら、ビジネス英語には決まり文句があり、話題やシチュエーションも限定的なので、場合によっては日常英会話よりも簡単なことがあるからです。

ビジネス上での挨拶はもちろんのこと、アポイントを取ったり、お礼やお詫びを述べたりできるレベルなら、ビジネスシーンで使える英会話力だといえるでしょう。

なお、求人広告などで一般的に指す「ビジネスレベルの英会話力」は、TOEIC800点以上や英検準1級以上といったイメージです。ビジネスレベルの英会話力があることを公的に証明したいのであれば、これらの資格を取得しておくとよいでしょう。

Q.ビジネス英会話のスクール選びのポイントは?

Answer
ビジネス英会話を英会話スクールで学びたい場合は、「コース・カリキュラムの内容」「レッスンの質」「講師の経験・経歴」「適正料金」「立地」といったポイントに注目して選びましょう。
ビジネス英会話を学ぶなら、もちろんビジネス英語のコースを設けているスクールを選ぶべきです。さらに、ビジネス英語の中でもレベル分けをしているスクールは、それだけビジネス英語の学習に力を入れているといえますし、レベルごとに細分化されたより効果的な学習が期待できます。
また、カリキュラムが自分の学びたい内容かどうか、事前にチェックしておくことも重要です。

さらに、いくらコースやカリキュラムが良くても、肝心のレッスンの質が悪ければ、英語はなかなか身に付きません。無料体験レッスンを利用したり、実際にレッスンを受けた人の口コミを読んだりして、事前に確認しておきましょう。

ビジネス英会話の場合、現地や国際的なビジネスシーンでの就労経験を持っている講師が望ましいでしょう。経験がなければ、実際にビジネスで使われる表現やマナーを生徒に教えることができないからです。

適正料金は、ビジネス英会話のレッスンに限らず重要なポイントです。高額すぎるとレッスンを継続することは難しいですが、かといって安すぎても、充実した学習が受けられない場合もあります。
また、レッスンに通うことが負担にならないよう、なるべく立地のよいスクールを選ぶようにしましょう。

Q.ビジネス英会話を習得するための効果的な勉強法は?

Answer
急な出張や外国からの来客などで、すぐにもビジネス英会話を必要とされる場合、定型的な英語表現と併せて、業界の専門用語を英語で丸暗記することをおすすめします。

もし勉強する時間を十分に確保できる場合は、丸暗記するのに加えて、なるべく英語で話す機会を増やし、英語そのものに慣れてください。併せて、ビジネス英語の参考書を読んだり、レッスンに通ったりして表現の幅を広げましょう。

会話(スピーキング)以外にも、リスニングやライティング、リーディングなどの能力をバランスよく、積極的に鍛えていくことが重要です。具体的な勉強方法は、下記を参考にしてみてください。

> 【ビジネス英語の勉強法】上達のコツとおすすめの教材・ツールをご紹介

Q.ビジネス英会話の参考書を選ぶポイントは?

Answer
ビジネス英会話の参考書は、大変多くの種類が出回っていますが、目的や自分の現在のレベルを念頭に置けば、最適な参考書を選びやすくなります。

例えば、急な出張などで最低限のビジネス英会話が必要になった場合は、例文の多い参考書がおすすめです。

じっくりとビジネス英会話に取り組める時間があるなら、文法や音声などもまんべんなく取り入れた総合的な参考書が役立つでしょう。難解な参考書よりも、内容を見て少し簡単だと感じる程度のレベルを選ぶと理解が進み、より身に付きやすくなります。

参考書の選び方やおすすめの参考書については、下記も参照してみてください。

> ビジネス英語の勉強でおすすめの本20冊!選び方のポイントも解説

Q.ビジネス英会話のスキルを証明するための公的な資格や試験は?

Answer
ビジネス英会話のスキルを証明する資格はいくつかあり、代表的なもので「TOEICR」「日商ビジネス英語」「Linguaskill Business」「ケンブリッジ英語検定」「GCAS for Business」「BATIC(国際会計検定)R」などが挙げられます。

@TOEIC®
日本では、ビジネス英語の能力を示す基準として、広く認知されている試験です。
外国企業とのやりとりが多い人や、海外拠点を持つ日系企業に勤める人なら必須で、日本にある外資系企業に就職する際にも役立ちます。
TOEICには大きく分けて「TOEIC Tests」と「TOEIC Bridge Tests」がありますが、ビジネス英会話力を証明したいなら「TOEIC Tests」がおすすめです。一方、「TOEIC Bridge Tests」は主に初・中級者向けの日常英会話が中心なので、ビジネス英会話力を示す試験としては向いていません。

日本で最も広く認知されているのは「TOEICR Listening & Reading Test」ですので、まずはこれを受験するのがおすすめです。マークシート式の試験となっており、600点程度でビジネス初級、800点程度でビジネス中級が目安です。一般的にビジネス英会話レベルというと、800点以上のスコアが求められます。

リスニングとリーディングのほかにも、スピーキングとライティングを試す「TOEICR Speaking & Writing Tests」もあります。

A日商ビジネス英語
日商ビジネス英語は、簿記やプログラミングなどビジネス系の検定でもおなじみの日本商工会議所(日商)が主催するビジネス英語の検定試験で、1級〜3級のレベルが設けられています。
特にライティングに特化した内容で、英文レターやメールなどのビジネス文書を中心に、英語でのコミュニケーション能力を測ります。

一般的にはそれほど認知されていないものの、日商の認知度が高いため、特にビジネスにおいて高い英文作成・読解能力が求められる職に就く場合には、取得しておくと有利です。

BLinguaskill Business
主にヨーロッパや中国、東南アジアなどの各国で、コミュニケーション能力を示すための国際的に認知されたビジネス英語のテストです。
スピーキング、ライティング、リーディング&リスニングの3種類に分かれており、各テストで別々に申し込みが必要です。

合否はなく、スコアとCEFRレベルで結果が出されます。CEFR(セファール)とは「ヨーロッパ共通参照枠」のことで、言語能力を評価する国際指標の一つです。オンライン形式のテストで、最短3営業日で結果が出るという極めてスピーディーな検定試験です。

これは比較的新しい検定試験ですが、英国のケンブリッジ大学英語検定機構が開発したテスト「BULATS(ブラッツ=Business Language Testing Service)」を基に開発され、日本では日本英語検定協会が開催している信頼性の高いテストです。

CEFRは国際的に広く認知されている基準なので、グローバルに活躍したい人におすすめのテストです。

Cケンブリッジ英語検定
英国のケンブリッジ大学が開発・主催する「ケンブリッジ英語検定」の中の、ビジネス英語に関する検定試験です。
試験は、レベルの低い順から「B1 Business Preliminary」「B2 Business Vantage」「C1 Business Higher」の3段階に分かれています。

国際的に認知されているため、ヨーロッパや中国、東南アジア、オセアニアの諸国で就職する際に役立ちますが、日本では受験しづらいのが難点です。

DGCAS for Business
ビジネス英会話に特化した対面型スピーキング試験で、実際のビジネスシーンに近い雰囲気の中で受験できます。ビジネスで求められる実践的英語力をほぼ正確に把握できる試験だといえます。

合否ではなく、スコアとCEFRレベルで結果が出されます。また、自分がどの程度のレベルなのかを示した「Score Report とフィードバック」の詳細な評価もあるので、とても分かりやすいです。

比較的新しく設置されたので、認知度はまだそれほど高くないものの、日本英語検定協会が主催している信頼性の高い試験です。今後は、この試験の認知度もどんどん上がっていくことが予想されます。

EBATIC(国際会計検定)®
「BATIC(国際会計検定)®」は、これまでご紹介したものとは異なり、国際会計スキルに特化した検定試験です。ビジネス英語のほかに、英文簿記や国際会計の知識も必要となります。

合否ではなく、スコアとともに、レベルの低い順から「ブックキーパーレベル」「アカウンタントレベル」「アカウンティングマネジャーレベル」「コントローラーレベル」の4つの称号が与えられます。英文経理関連の仕事に携わる際に有利になるでしょう。

あらかじめ会計知識を備えている必要があり、その分、難易度も上がりますが、日商簿記などの資格があればチャレンジしてみてもよいかもしれません。
English Style PRODDUCED BY オリコン顧客満足度
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
3,780

この英会話スクールランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

調査概要

事前調査
2020/06/26〜2020/08/28
更新日
2021/01/04
サンプル数
3,780人(調査時サンプル数4,431人)
規定人数
100人以上
調査企業数
36社
定義
「英会話」習得を目的として、通学するスクールを運営している事業者を対象とする。
調査期間
2020/08/31〜2020/09/04
2019/09/18〜2019/09/24
2018/09/21〜2018/10/09
調査対象者
性別:指定なし 年齢:15歳〜84歳 地域:全国 条件:過去5年以内に、3か月以上英会話スクールに通学したことのある人。
※体験のみは除く
その際、英会話スクールの選定に関与し、料金を把握している人。

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

過去ランキング

推奨意向

継続意向