「ノート見せて」英語で言える? 学校生活で役立つフレーズ【4選】

留学やワーホリ先では、積極的にコミュニケーションを取ることが大切だ [拡大する]

留学やワーホリ先では、積極的にコミュニケーションを取ることが大切だ

 留学やワーホリが決まった人のなかには、実際の学校生活に不安を持つ人も少なくないはず。海外の学校でつまずいてしまわないためにも、クラスメイトとは交流を深めておきたいものだ。

 そこで今回は、学校生活を迎える際に最低限覚えておきたいフレーズを紹介。留学やワーホリを検討している人は、ぜひチェックしてほしい。

【1】学科・専攻を聞く

What is your department?
(学科はどこなの?)

 学科や専攻を聞くことで、会話のきっかけになる。専攻を知りたい場合は、「department」を「major(専攻)」に置き換えよう。

【2】課題を手伝ってもらう

I need help on my paper, any chance if I can schedule an office hour with you?
(論文を手伝ってほしいんだ、一緒に作業できる時間はあるかな?)

 1人では難しい課題は、友人にサポートを求めよう。状況に応じて「paper(論文)」を「studying for exams(テスト勉強)」などに変えてもOK。

【3】授業内容を確認する

I didn’t come to class last week. Any chance you can update me on what we did in class?
(先週の授業に出られなかったんだ。授業の内容を確認させてもらえる?)

 出席できなかった授業の情報は随時確認して、遅れないようにしよう。

【4】ノートを見せてもらう

I am sorry but I could not attend last class. Any chance if you can send me the slides from last class?
(ごめん、最後の授業に参加できなかったんだ。ノートを見せてもらえる?)

 授業のノートを見せてもらいたい時に使う表現。【3】同様に、欠席した授業内容の確認は忘れずに行いたい。また、「the slides」とは授業で使われたスライド(または黒板)を指す。

 最後に番外編として、こんなフレーズも紹介したい。

I feel like there is a mistake in my marking. Is there any chance you can take a look again and possibly give me a re?grade?
(点数に間違いがあるように感じます。もう一度採点し直してもらえますか?)
 
 学生数が多い授業では、ミスが起こることも。疑問に思ったら教授に質問してみよう。

 最初は自分の英語に自信が持てないかもしれないが、簡単な会話でも相手はしっかり聞き取ってくれるはず。1日でも早くクラスメイトと打ち解けられるよう、積極的にコミュニケーションを取っていこう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 入会前にチェック! “日常会話”で人気の【英会話スクール】ベスト7

>> ハワイやグアムで大人気!? 「ヨガ」で使う英語フレーズを一挙紹介

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close