「TOEIC」は就職や採用に役立つ? 企業の参考割合は…

企業が採用時に「TOEIC」を参考にする割合は約7割 [拡大する]

企業が採用時に「TOEIC」を参考にする割合は約7割

 就職や転職時に武器になると言われている「英語能力」。とはいえ、実際に仕事の中で頻繁に使う企業はまだまだ少ない。そうなると、企業が実際にどの程度TOEICのスコアを参考にして採用を決めているのか、非常に気になるところだ。

■約7割の企業がTOEICのスコアを参考

 企業が採用時に「どの程度TOEICのスコアを参考にしているのか?」という疑問については、目安となるデータがある。

 2013年に行われた上場企業における採用時の英語活用実態調査で、TOEICのスコアを「参考にしている」が27.6%、「参考にすることがある」が41.7%となっている。つまり、約7割の企業が、採用時に少なからずTOEICのスコアを参考にしていることがわかるだろう。

 また、TOEICが公表している「企業が期待するTOEICスコア」は下記のとおりだ。

新入社員   465〜670
中途採用社員 610〜815
海外赴任   605〜785
技術部門   520〜715
営業部門   535〜765
国際部門   660〜840
(出典:上場企業における英語活用実態調査-2013年)

■TOEICテストを導入する企業も増加傾向

 実際に、TOEICを重視する企業は多くあり、TOEIC IPテスト(団体特別受験制度)を実施する企業自体も増えている。そういったこともあり、就職活動のためにTOEICを受験する人も年々増えているのだ。

 2014年度では、新入社員にTOEIC IPテストを実施している企業数は791社、新入社員の受験者数は3万212人と過去最高を記録。ビジネスでも国際化が進み、今後ますます増加傾向といえるだろう。

 日本企業が求めているTOEICの点数は上昇傾向にあり、外資系ではさらに高くなる。志望する企業が望む英語力を知ることも大切だ。

>> 「英語の習得度」が最重要!? ユーザーの声で見る【英会話スクール】

>> 実際の利用者が選んだ【英会話学校】はどこが人気?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close