独学の英語学習で、ライティングを伸ばす3つのステップ

初心者でも取り組める、ライティングに関する3つの学習法とは? [拡大する]

初心者でも取り組める、ライティングに関する3つの学習法とは?

 独学で英語の習得を考えたとき、リーディングやリスニング教材は数多く溢れているが、ライティングに関する教材が意外と少なと、感じたことはないだろうか? しかし、TOEICやTOEFLといった試験では、もちろんライティングも必要となる。そこで、英会話初心でも取り組みやすい、ライティングに関する3つの学習法をみていこう。

STEP1:リーディングする

 ライティングスキルを伸ばしたいのにリーディング? と不思議に思うかもしれないが、日本語に置き換えてみると、書く能力が高い人には読書家が多い人が多い。同様に、英文をたくさん読むことによって、併せて英語のライティングのスキルUPが期待できることはいうまでもない。

 読書をする際には、児童書などから始めれば難易度も低く、ビジネス英語に直結させたいなら、『ニューズウィーク』や『TIME』などもいいだろう。迷ったときは、なるべく自分が好きな分野の本がベストといえる。

STEP2:日記を書く

 実際に英語を書き始めるなら、まずは日記やブログといった身近な題材がいいだろう。しかし、毎日日記を!と 意気込んでも、母国語である日本語でさえ“三日坊主”となることも度々だ。そこで、ツイッターなどのSNSを活用しよう。短い英文を毎日書くことを習慣化することで、少しずつ「自分の言葉で英語を書く」ことに慣れていこう。

STEP3:英会話スクールやオンライン英会話の利用

 独学でライティング学習を続けるなかで、これで正しいのか? また現在の自分の英語能力がどれぐらいなのか? と不安になることもある。そこで、ある程度英語の勘を取り戻したら、ライティングの添削をしてもらえるような、英会話スクールやオンライン英会話を利用するのもいいだろう。独学のみ、もしくはスクール頼りとなってしまうよりも、双方をうまく活用して、英語力を習得しよう。

>>実際に通った生徒の声でランキング!
外資系企業の会社員が選んだ『満足度が高い英会話スクールベスト17』

>>低価格で英会話学習をスタート!
実際に通った生徒に聞いた『顧客満足度の高いオンライン英会話ランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close