English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

【早川幸治先生(2)】TOEIC人気講師が教えるスコアアップのコツ

人気講師が教える! TOEICスコアアップのコツ

 ビジネス英語の実力を測る指標として企業や学校などで広く採用されている「TOEIC」。就職や転職の際にもスコアによって、自分の英語力をアピールするひとつになる。では、実際TOEICを受ける場合、まず最初に何を目標にすればいいだろうか。

 人気講師・早川幸治先生が「TOEIC初心者」に向けて、基礎学習法を伝授。目標スコアの立て方から、文法、単語、リスニングなど、問題形式ごとにスコアアップできる学習法を解説してくれる。

Vol.2:TOEIC470点を目指す人のボキャブラリー対策

  • 人気講師が教える! TOEICスコアアップのコツ

 もともと英語が大嫌いだったという早川幸治先生。今や大手企業や大学で英語の講師を務めるほどの達人になった早川先生に、英語が身に付き始めた頃の話を聞いた。特に英語力が初級で「TOEIC470点」を目指す人には参考になるはず。

――英単語やフレーズを効率よく覚える方法はあるのでしょうか。

早川幸治先生(以下、早川)“beautiful flower”など、使う頻度の高い単語と単語の組み合わせを「コロケーション」といいます。

 初級者は単語だけでなく、文法が苦手な方も多いと思います。そこで、単語単体ではなく、他の単語との組み合わせや例文と一緒に覚えていくと、文法も学べるので、初級の人ほどコロケーションで覚えていくといいでしょう。先ほどのbeautiful flowerは「形容詞+名詞」という文法が入っています。

 さらに、これを音声と一緒に学ぶことで、学習スピードが倍速化します。目で見て覚えるだけでなく、耳で聞いて覚える。さらに声に出してみる。そして、時間があれば書いてみる。

 Thank you very much.やI’m sorry for the trouble.などがスムーズに聞けたり読めたりするのは、音声で頭に入っているからです。これもコロケーションのひとつです。

 「昨日、どれくらい眠りましたか?」と聞かれたら、「“ぐっすり”眠りました」というように、私たちの生活の中にはコロケーションがたくさんあるのです。

 単語だけをひたすら覚えることに時間をかけるのではなく、目耳口手を使いながらコロケーションで覚える様に意識してみてください。

――TOEICテスト対策の単語帳も、最近は例文が豊富になってきました。TOEICに出やすい単語を覚えながら、日常や仕事で使える語彙力を高める方法はあるのでしょうか。

早川TOEICの勉強をしていると街中に、TOEIC対策で学んだ単語が目につき始めます。例えば、電車の駅であれば、プラットホームの線路側に設置されるホームドア付近の注意書きに注目してみてください。TOEICに必要な単語が結構入っているんですよ。

Please do not lean over the platform door.
(プラットホームのドアにもたれないでください)

Please do not lean against the door.
(扉にもたれないでください)

 “lean”という単語を知らなくても、注意書きに書かれていれば“もたれる”という意味であることは推測できます。このように、意味を推測しながら覚える方法も効果的なんです。

 TOEICテストのために勉強した単語がそこにあるのではなくて、日常でよく使われているからTOEICにも出てくるのです。TOEICは、現実社会を素材にして作られたテストなので、問題の中身自体は架空でも、日頃から目にするような単語が豊富に出てくる。 対策本だけに頼らず、身の回りの英語を探すことも初級の人にはオススメの学習法です。
  • 早川幸治

【プロフィール】
早川幸治(はやかわ・こうじ)
ニックネームはJay。株式会社ラーニングコネクションズ代表取締役。これまで全国120社以上の企業、大学、高校で英語研修や授業を担当。著書はベストセラー『2カ月で攻略 TOEICテスト730点!』(アルク)など多数。高校2年で英検4級に不合格から学習をスタート。TOEIC 990点(満点)、英検1級。プレゼンセミナーや、ルー大柴さんとトゥギャザー研修も実施中。
【Information】
■Twitterアカウント:@jay_toeic(外部リンク)
■ポッドキャスト:Jayの英語モチベーションブースター(外部リンク)
■メルマガ:ボキャブラリーブースター(外部リンク)あなたの話が動き出す プレゼンブースター(外部リンク)
(文:柏野裕美)
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。