知ってる? 英語で「数字」を簡単に数える方法 ポイントは「書き起こし」にあり!

1万以上の数字を“英語で簡単に数えるコツ”とは? [拡大する]

1万以上の数字を“英語で簡単に数えるコツ”とは?

 皆さんは、英語で数字を数えられるだろうか。1から100までは問題ないかもしれないが、1万を超えるあたりから、混乱しやすくなる人も多いだろう。日本人が英語で数字を数えられない一番の理由は、日本語と英語で、数え方がそもそも違うから。日本では1000を超えると、4桁ごとに数字の単位が変わる。だが、英語では3桁ごとに数字の単位が変わるのだ。

【日本語】4桁ごとに単位が変わる
1,0000 (1万)
1,0000,0000 (1億)
1,0000,0000,0000 (1兆)

【英語】3桁ごとに単位が変わる
1,000 (one thousand)
1,000,000 (one million)
1,000,000,000(one billion)

 英語で数字を数える時は、日本の読みから直接英語の読みに訳すのではなく、数字を書き起こしてみると非常に訳しやすくなる。では、実際に、どのように数えているのかを解説していこう。

 基本的なルールは、日本の数字を読むのと変わらない。違うのは、上記の通り、英語では3桁括りで単位が変わるだけである。単位は、「thousand」⇒「million」⇒「billion」⇒「trillion」⇒「quadrillion」と変わる。英語の場合は、「コンマで単位が変わる」という事を覚えておけば、日本語の数え方よりも読みやすく感じるかもしれない。

例)1,234,567 ⇒ 「いち million, にひゃく さんじゅう よん thousand, ごひゃく ろくじゅう なな」 ⇒ 「one million, two hundred thirty four thousand, fifty hundred sixty seven」

 いかがだろうか。このように分割して訳していくと、より覚えやすいだろう。

 ルールさえ覚えてしまえば、英語の数字もそこまで難しいものではない。海外では日本円での金額を聞かれた時などに、桁が大きい数字が出てくる。ルールをしっかり覚えておくことで、とっさの質問にも答えられるようになるだろう。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 中学レベルの「英語」 「Go」と「Come」の正しい使い方わかる?

>> 利用者1万7788人が選んだ! 通いやすい【英会話スクール】はドコ?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close