米国で使われる顔文字&略字【12選】 意味がわかれば会話も弾む!?

外国人とメッセージのやり取りをする時に使いたい“顔文字”&“略字”12選を紹介:-) [拡大する]

外国人とメッセージのやり取りをする時に使いたい“顔文字”&“略字”12選を紹介:-)

 携帯でメッセージを送る時、絵文字や顔文字を使うのはもはや日常茶飯事。だが、海外で日本と同じ顔文字を使うと、理解してもらえないことがある。逆に、日本人が海外で使われている顔文字を見ても、意味不明の暗号にしか見えないこともしばしばだ。今回は、アメリカでよく使われる顔文字・略字を紹介しよう。いくつわかるだろうか?

 まずは、顔文字から見てみよう。

【1】:-)
首を左に傾けて見てみよう。目・鼻・口が見えてくるはずだ。
日本の絵文字で言う(^_^)のような、ニコッと微笑んでいる顔だ。

【2】:-(
【1】と同じ要領で見れば、すぐに分かると思う。口をへの字に曲げている顔だ。

【3】:-o
びっくりしている顔だ。

【4】:-D
口を開けて笑っている顔。

【5】:-p
「べーっ」と舌を出している顔。

【6】;-)
ウィンクをしている顔。

 顔の表情だけでも、このぐらいのバージョンはある。ここからは、よく使われる略語6つを紹介しよう。

【1】OMG
「Oh My God!(なんてこった!)」の略。

【2】WTF
「What The Fuck!(なんてこった!なんてことをするんだよ!)」の略。

【3】LOL
「Laugh Out Loud(声を出して笑う)」の略。日本でいう「(笑)」と同じ意味。

【4】NVM
「Never Mind(気にするな)」の略。

【5】J/K
「女子高生」ではなくて、「Just a Kidding(冗談だよ)」の略。

【6】FTW
「For The Win(最高)」の略。

外国人とメールやメッセージのやり取りをする時やSNSで英語のコメントを投稿する時に、ぜひ使ってみてほしい。

(記事/THE RYUGAKU)

>> “学びやすさ”で人気の【英会話スクール】1位は…? <ランキング一覧>

>> 「×」「÷」「+」「−」英語で言える? 分数の言い回しも紹介!

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close