English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

欧米で大人気の英単語「bae」って何? 意味や由来も紹介

欧米で大人気の英単語「bae」って何? [拡大する]

欧米で大人気の英単語「bae」って何?

 「bae」という英単語をご存知だろうか。欧米のツイッターやSNSで頻繁に使われている言葉で、歌手が曲名などにも使っている人気ワードだ。発音的には「ベイ」とされているが、辞書にも存在しないこの言葉、一体どのような意味があるのだろうか。

 「bae」は欧米を中心に使われているインターネットスラング。日本でもVineやツイッターで「happy birthday bae」「thanks bae」など若い世代を中心に使われるようになってきている。

 由来としては、「baby」や「babe」からきているが、そのほか「before anyone else(誰より先に)」の略でもある。意味としては「愛しい人」「大好きなもの」といった形で使われることが多い。日本では、「Happy」の楽曲で知られるファレル・ウィリアムスの「Come Get It Bae」が、ユニクロやレッドブルのCMに起用されたことで知られる一因となったようだ。

(使用例)
「Bae I love u so much」
「my bae」
「I just made a bae」

 ただし、「bae」はデンマーク語では、英語の「poop(うんち)」の意味もあるそうなので、使い方には注意が必要。また、ネットのスラングといえば、最近では「bae」と同様に「ZAYUM」もよく使われている。これは「すてき」「完ぺき」「いいね」などの意味で使われることが多い。

 このほか、以前からネットスラングとして使われている「LOL(lol)」。これは、「Laughing out loud(大笑い)」の略語。ちなみに、日本で笑いを意味する「w」は海外では通じない。

 「Party Rock Anthem」の曲で有名な米エレクトロホップデュオのLMFAOは、ネットスラングの「Laughing My Fucking Ass Off(大爆笑)」をグループ名にしたと言われている。ただ、Fワードは英語圏の公の場では用いられることは基本NGなので、文化や背景を知らないまま日本人が使うのは避けたほうがいいだろう。

 ネットスラングは、親しい間柄でなければ相手の心象を悪くすることもあり、誤解を生む原因にもなる。また、日本の流行り言葉と同様、すぐに古く感じられることもあり、下手に使うと恥をかくこともあるので、使い方には注意が必要だ。

 例え、ネットスラングだとしても、その意味を調べることで英語への興味が湧き、学習につながれば非常にいいこと。英会話スクールによっては、インターネットスラングなどを教えてくれるところもあるようだ。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。