カタカナ英語は英語習得の落とし穴に? 間違えやすいビジネス英単語

日常会話でもよく聞く「service/サービス」の意味は?(※データ出典:セレゴ・ジャパン) [拡大する]

日常会話でもよく聞く「service/サービス」の意味は?(※データ出典:セレゴ・ジャパン)

 英語学習コンテンツを提供するセレゴジャパンが先ごろ、ビジネス英語を学ぶ5万人の学習データを分析した「間違えやすいビジネス英単語・フレーズ ランキング」を発表した。最も間違えやすいビジネス英単語は「報酬」を表す「remuneration」だった。

 同調査は、クラウド型英語学習サービス『iKnow!』の学習アルゴリズムにより、覚えていると判断したタイミングで出題された復習クイズの中で、正答率が低い単語を「間違えやすい」としている。今回発表された『間違えやすいビジネス英単語』の上位5つは、以下のとおり。

1位【remuneration】(給料、報酬)
2位【impasse】(行き詰まり)
3位【adversarial】(敵対的な)
4位【sticking point】(障害)
5位【appraisal】(評価、査定)

 1位に挙がった【remuneration】だが、サラリーマンという言葉があるように、毎月決められた日に支払われる報酬には「salary」を使うのことがごく一般的。「remuneration=報酬」は正式な場面や文書のみで使われるため、あまり知られていない。ビジネスでは、同じ意味を表すにも同僚との会話などカジュアルなシーン、契約書などのフォーマルしなシーンでは、使う語句違うことがあるので注意しよう。

 ビジネス英語で「間違えやすい理由」として、まずは(1)カタカナ英語にまどわされてビジネスに適切な正しい英語の意味を覚えにくい、(2)日常会話とビジネス会話では言葉の意味が変わる、(3)フレーズの意味が、含まれる各単語の意味のコンビネーションと異なる、(4)同じビジネス環境でも会話する相手により使う単語が変わるの4つが挙げられる。

 ビジネスシーンにおける日本語でのコミュニケーションで、カタカナ英語が使われる頻度が増えている昨今。しかし、カタカナ英語は、実際に使われる英語とは意味が異なるケースが多いため、使い慣れてしまうと正しい英単語やフレーズを学ぶ障壁になることもあるようだ。

【調査概要】
調査対象:クラウド型英語学習サービス『iKnow!』で「ビジネス英語シリーズ (入門、基礎)」を学習した約5万人の学習データを分析。
調査期間:2011年1月27日〜2014年2月28日までの学習履歴データ
※間違えやすい英単語・・・脳科学の研究を基に開発された「iKnow!」の学習アルゴリズムにより、覚えていると判断したタイミングで出題された復習クイズの中で、正答率が低い単語。

>>ビジネス英語に強い英会話スクールは?
会社員が選んだ『英会話スクールランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close