ビジネスに役立つ【英語知識】働く業界の関連用語を上手に使いこなす方法

自分の働く業界に関連したビジネス英語を使いこなす英語学習方法を紹介 [拡大する]

自分の働く業界に関連したビジネス英語を使いこなす英語学習方法を紹介

 英会話力を伸ばす方法は実にさまざま。インターネットにさえアクセスできれば英語のニュースを聞いたり、読んだりと、英語に触れる時間は作りやすい。英語習得がビジネス英会話であれば、まずは自分の働く業界に関連したニュースを選ぶと効率的だ。スピーキング力に自信がなくても積極的に会話に参加することができる。今回は、ビジネス英語の上達を目的とした英語学習方法を紹介しよう。

■用語を言い換えてみる

 関連した用語に慣れておくと、いざというときに「それって言い換えるとこういうこと?」と、自分の言葉で確認しながら会話を進めることができる。

・In another words, what you are saying is that〜?
(言い換えると、あなたがいっていることは〜ということですか?)

・Do you mean that〜?
(あなたがおっしゃるのは〜という意味ですか?)

■なじみのあるニュースに誘導する

 あるいは、会話の中で、自分にとってなじみのある話題に関連する単語をピックアップするのもよいだろう。

・Speaking of XYZ, have you heard any news lately?
(XYZといえば、最近、何か新しいニュースを聞きましたか?)

 もちろん「Speaking of〜(〜といえば、)」で話題を切り出す以上は、自分が見聞きしたことを伝えないと、会話が成立しないので、一言二言を文章で言えるように練習しておこう。

■声に出して練習する

 業界関連ニュースを聞く時はシャドーイング(聞きながら真似して発音する方法)、英文記事は音読するなど、発音に慣れる練習をしておくと、いざ会話をするときに単語が詰まってしまうことを避けられる。また、発音しにくい単語もあるので、別の言い換えを考えておくことができる。

 英会話が上達するためには、ひたすら数をこなすことも大事だが、実践で会話を楽しむことができると英語力に自信がつく。自ら話題を提供できるよう、事前に情報を集めたり、自分の言葉で話せる練習をするなど、英会話を楽しめる環境を作っていこう。

(記事/柏野裕美)

>> ビジネスマンも必見 利用者が選ぶ満足度の高い【英会話スクール】

>> 【ビジネス英語】シリコンバレー流 プレゼンで役立つ英語表現


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close