海外で犯罪に巻き込まれないために… 覚えておきたい“10の防犯アドバイス”

安心して海外旅行を楽しむためにも、10個の防犯アドバイスをおさえておこう [拡大する]

安心して海外旅行を楽しむためにも、10個の防犯アドバイスをおさえておこう

 ご存知のとおり、日本の治安は海外に比べて非常に安全で、日常で犯罪に巻き込まれることはめったにない。それもあって、海外に行くと、“日本人”という理由だけでターゲットにされることも少なくないのだ。そこで今回は、英語圏のイギリスを例に、楽しい旅行中にトラブルに巻き込まれないための防犯アドバイスを紹介する。

【1】ロンドンの特徴を良く知る

 イギリスは比較的安全な場所という認識だが、犯罪数は日本と比べるとやはり多い。特に、ロンドンは地域によって特徴がまったく異なる。たとえば、治安が良い高級住宅街のすぐ隣に治安が恐ろしいほど悪いエリアが隣接していたり、通りを一本間違っただけでガラッと雰囲気が変わったりするのだ。そういう意味でも、街の特徴を知ることは非常に大事になってくる。安易な気持ちで知らないエリアに足を踏み入れるのは避けて、人通りの多い道路などを歩くことを心がけよう。また、知らない場所を訪れる際には必ず下調べをすることも大切だ。
 
【2】現金はできるだけ持ち歩かない

 イギリスはカード社会なので、パブやカフェなどの少額のものでもデビットカードやクレジットカードが使える。スリをされた場合の被害を最小限に抑えるためにも、現金は緊急時の少額のみを財布に入れ、できるだけ持ち歩かないようにするといいだろう。

 スリの発生場所としては、ロンドンの観光地はもちろん、日系食材店などでも多発している。日系のお店に来る日本人を狙った犯行で、財布以外にも、カメラ、携帯、パスポートなどが狙われている。万が一の事態に備え、必ずクレジットカードなどの番号や緊急連絡先は控えておこう。

【3】座席に荷物を置かない

 日本国内にいても、レストランやカフェで携帯や財布をテーブルに置いたままにする人がいるが、イギリスでは言語道断。このようなケースはすぐ盗まれてしまうので、絶対に避けよう。テーブルにいても常に周りに気を配るべきだ。レストランやカフェなどでは、多くの人が荷物を足元に置いたりしているが、会話に夢中で気がついたらバッグごとなくなっていたというケースもよくあるので、注意が必要。

 また、置き引きだけでなく、“歩きスマホ”を狙ったスリも少なくない。ロンドンでは携帯電話を盗み、高く転売する犯罪が多発しており、多くの人たちが被害にあっているのだ。歩きスマホをしていたら、そのままひったくられたなどの話もあるので、大事なものはファスナーで閉められるカバンに常に閉まっておこう。

【4】電車は人の多い車両、バスはドライバーの後ろに座る

 電車、地下鉄では昼間でもなるべく“人が多い車両”を利用すること。特にナイトバス(ロンドンの深夜バス)や治安の悪い地域を運行するバスに乗車する場合は、なるべくドライバーの近くに座るように心がけたい。

【5】ライセンスのあるタクシーを選ぶ

 ロンドンには伝統ある「ブラック・キャブ」タクシーのみが通りで人を乗せて良いことになっている。「ブラック・キャブ」は、黒塗りのオースチンで、ロンドンの正規タクシーだ。それ以外にも、価格の設定が安い「ミニ・キャブ」と呼ばれる個々のタクシー会社などがあるが、あらかじめ電話で予約をし、値段も交渉し、家や空港に指定の時間に来てもらうシステム。流しで人を拾うことは「ブラック・キャブ」以外は基本的にNGとされている。

 だが、深夜のクラブ帰りや旅行帰りの人々を狙って、バス停などで待っている客を「タクシー?」と声をかけてくるミニ・キャブのドライバーがたくさんいる。これは絶対に避けること。もちろん、ライセンスのないミニ・キャブにも決して乗らないようにしたい。タクシーによるトラブルは多発しているため、ライセンスのないキャブは通報するように警察も呼びかけている。

【6】横断歩道でも安心しない

 ロンドンでは横断歩道でも車が来ていないからと信号無視、自己判断で横断する人が大変多い。だが、思わぬところから突っ込んでくる車も多く、接触事故が後を立たない。様々な国から人が集まるロンドンだからこそ、信じられないような運転をする人も少なくない。道路を横断する際には念には念を入れて確認してから渡ることを心がけよう。

【7】歓楽街のぼったくりには要注意

 ロンドンの観光名所となっている歓楽街「SOHO」は、美味しくて安い店がたくさんある反面、知らず知らずのうちに法外な金額をチャージされたなどという話もよくある。知らないお店に入る場合は、ぼったくりに遭わないためにも、下調べしておくことが大切だ。『Time Out London』誌のサイトでは、様々なナイトクラブや飲食店などの情報を公開しているので、行く際は参考にしてみてもいいだろう。

【8】気軽に物を受け取らない

 道でティッシュなどを無料で配っている光景は、日本では見慣れてしまっているが、同じようなことをロンドンで行うとお金を請求されることがある。たとえば、電車に乗っているときに突然目の前にティッシュを差し出されたり、物品を置かれたりして、ついつい受け取ってしまうとお金を請求されるというケースがある。対処法としては、電車でティッシュなどを勝手に置かれた場合、決して手をつけずに「NO」とだけ言い、無視することが大切だ。

【9】道を尋ねられたら警戒する

 スリの手口の一つとして、地図を広げて道を聞くふりをし、注意を向けている間にお財布やカメラ、携帯などを盗むケースがある。もちろん中には本当に困って道を聞いてくる人もいるが、道を尋ねられたら、周りを警戒することも忘れずに。

【10】偽警官に注意

 これまで紹介したスリの手口のなかに、偽の警察官を装って行うケースもある。偽の警察バッチを見せながら「麻薬を取り締まっているからカバンの中をチェックさせろ」「財布の中身を見せろ」と言ってくる警官がおり、見せた瞬間にカメラや携帯が盗まれる事例が多発している。このような状況には相手にしないことが大事だが、そのほかに注意しておきたい事項が在英国日本国大使館のサイトで公開されているので、旅行前には必ずチェックしておこう。

 このように日本にいる時と同じような感覚で出歩いてしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性も高くなる。運悪く被害に遭ってしまった場合には、すぐに現地の警察、または日本総領事館へ連絡することが大切だ。安心して旅行を楽しむためにも、事前の防犯対策を心がけよう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 理想の英語力が身につく! “学びやすさ”で人気の【英会話スクール】ランキング

>> 災害時に役立つ「英会話」 実践に使えるフレーズが満載!


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close