とっさに使える便利な「英語フレーズ」! 「お先にどうぞ」「結構です」は何ていう?

意外と知らない“とっさの一言”英語フレーズを紹介! [拡大する]

意外と知らない“とっさの一言”英語フレーズを紹介!

 海外旅行に出かけた際に「頻繁に使う言葉だけど、とっさに英語が出てこない」といった経験はないだろうか。スムーズに会話を進めるためにも、知っておくと便利な英語フレーズは数多くある。そこで今回は、これだけは覚えておきたい英語フレーズを5つ紹介していこう。

【1】after you(お先にどうぞ)
 エレベーターやドアなどで人と鉢合わせした際によく使えるフレーズ。相手が遠慮して一歩ひいたりする場に「ありがとう」と先に通るのも悪くはないが、女性や子ども、お年寄りであった場合にはスマートに一言、「after you」(お先にどうぞ)と声をかけると親切だ。

【2】go ahead(もちろん、どうぞ)
 「go ahead」は相手に対して許可したり、促したりする際に使える表現。たとえば、雑談中に相手と同時に話し始めてしまった際に、「go ahead」(どうぞ話し続けて)と相手に会話を譲るときにも使える。ただし、ビジネスシーンや目上の人に対してはフランクすぎる表現となってしまうため、使う場所には注意したい。

【3】I think I am fine, thanks(結構です、ありがとう)
 スーパーなどで「買い物袋はいりますか?」などと言われた際に、「No thank you」だと少し無愛想に聞こえてしまうことがある。そんなときには、「I think I am fine, thanks」というフレーズがオススメだ。

【4】no worries(どういたしまして)
 お礼を言われた時のフレーズとして有名な「You're welcome」は、シチュエーションによっては重い印象を与えてしまうことがある。フランクに“どういたしまして”と伝えたいときには、「No worries」はもちろん、「No problem」「Not at all」と言うといいだろう。

【5】that's okay(大丈夫です)
 恋人や友人との待ち合わせの際に、相手が「遅れてごめんなさい、電車が遅れていて…」と遅刻してきたときには、クールに「That's okay」(大丈夫だよ)と言ってあげよう。誰もが知っているフレーズではあるが、慣れていないと、とっさのときに何も返せないこともあるもの。しっかり使えるようにしておこう。

 とっさの一言は、初対面の人にも良い印象を与えることができる。知っておくと便利な表現ばかりなので、この機会にぜひ覚えてほしい。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 初心者にオススメしたい “日常会話レベル”で人気の「英会話スクール」ランキング

>> 災害時に役立つ「英会話」 実践に使えるフレーズが満載!


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close