English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

意外と知らない【英語の基礎】  「big」と「large」の違いわかる?

意外と知らない? 「big」と「large」のニュアンスの違いを紹介 [拡大する]

意外と知らない? 「big」と「large」のニュアンスの違いを紹介

 「big」と「large」は、どちらも「大きい」という意味の単語だが、意識して使い分けている人は少ないのではないだろうか。実は、この2つにはハッキリとしたニュアンスの違いがある。今回は例として、「このシャツは大きい」という文章で違いを解説していこう。

・This is a big shirt.
・This is a large shirt.

 この文章であれば、「big」と「large」のどちらを使っても、「このシャツは大きい」と和訳できる。違うのは文章のニュアンスだ。一般的に、「big」は「主観的/感覚的」、「large」は「客観的」なニュアンスをもって使われる。

 つまり、「This is a big shirt」は、「自分にとって大きい」という文章になる。たとえサイズ的に大きい服だったとしても、もし自分が小さいと感じるようであれば「big」は使わない。

 一方、「large」は客観的な表現なので、「This is a large shirt」であれば、「一般的なサイズよりも物理的に大きな服」を指す。服や食べ物のサイズが「large」と表記されるのはこのためだ。

 ニュアンスがわかれば、次のような文章もすんなりと理解できるだろう。

・This is a large shirt, and it is big for me.(この大きいシャツは、私には大きい)

 ちなみに、「big」や「large」以上の大きさを表現したいときは、「huge」「enormous」を使おう。いずれも「主観的」「客観的」両方で使うことができ、「huge」は「非常に大きい」、「enormous」は「並外れて/規格外に大きい」といった意味だ。

 今回紹介した単語の違いは、日常生活でも頻繁に使われる。間違えないために、今一度確認しておこう。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> “英会話”を学ぶならドコがいい? 最新の英会話スクールランキング1位は…!?

>> 英単語の間違った覚え方とは? 効果的な勉強法も紹介

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。