“ここぞ”で使える英語表現! ビジネス上の「そこを何とか!」はどう伝える?

ビジネス上の「そこを何とか!」に役立つ英語表現! [拡大する]

ビジネス上の「そこを何とか!」に役立つ英語表現!

 日本語でここぞという時に使う言葉は、当然英語でも使えるようになっておきたいもの。たとえば、「そこを何とかお願いします」という気持ちはここぞという場面で使われるものだが、英語でどう言えばいいのだろうか? 使う場面によって“何が適切か”が変わってくるため、一概にこれだと言い切るのは難しい。ここでは、特にビジネスで使える事例をいくつか紹介していく。

 ここで紹介する通りに言えば、必ず何とかしてもらえるわけではないが、きっと思いは伝わるはずだ。力を入れてきた案件が契約寸前で暗礁に乗り上げてしまう時などに役立つことを期待したい。

▼例1)
 提示した提案を顧客から最終的に却下されたとき。その理由がはっきりしている場合は、代案を出せることを伝えてみる。まずは「We understand 〜」と、相手に理解を示すことが大切だ。

We understand your objections. If we can address your concerns with an alternate solution, would you agree to reconsider our proposal?

<訳>ご指摘につきましては理解しております。もし我々が御社の懸念点について代案を提示することができれば、我々の提案を再検討いただくことは可能でしょうか。

▼例2)
 顧客に提案をしていたが、何らかの理由で契約成立は難しい気配がある。何が問題だったか、少なくとも意思決定のポイントを聞き、代案を出せるか検討するチャンスを探る。

Regarding our proposal, may we ask the reason for your hesitation? We are ready to consider any alternatives to meet your needs.

<訳> 我々の提案に対して、躊躇なさる理由をお伺いできますか? 我々としましては、御社のニーズに合わせて変更する意向です。

We understand that we are not at the top of your list. What can we do to change the situation?

<訳>我が社が(契約する候補)リストのトップではないことは理解しています。その状況を変えるために、我々にできることとして、何がありますでしょうか?

▼例3)
 次回のプロジェクト獲得について、立場的に力になれないことを顧客企業の担当者に告げられたとき。状況としては難しいかもしれないが、少なくとも次のようにお願いをしてみることはできるだろう。

We really appreciate your personal support with our current project. We understand the difficulties of your situation, however, we need to ask you for additional help in securing the next project.

<訳>現行のプロジェクトへのご尽力には心から感謝しております。お立場的に難しいことは理解をしておりますが、次のプロジェクトを引き受けさせていただくために、もう少しお力をお借りできないでしょうか。

▼例4)
 社内調整が困難であることが理由で受注が難しくなることがある。状況によっては、部門長同士の話し合いに発展することも珍しくないだろう。そんな時には、以下のような表現で社内の他部署の責任者に検討をお願いすることができる。

I understand that you have other priority customers to take care of. However, this new project is a critical one for our company’s success. The revenue will be very high, and also, this customer will bring us huge business opportunities in the future.

<訳>ほかに優先すべき顧客があることは理解しています。ですが、この新プロジェクトは我が社の成功に重要なものです。高収益を見込めるだけではなく、この顧客は将来的に大きなビジネスをもたらしてくれるでしょう。

 「そこを何とか!」を「Please!」の一言で言えるカジュアルなシチュエーションもなくはないですが、お願いするなら受け入れるだけの価値を理解してもらうことが先決でしょう。いきなりすべて使えるようになるのは大変ですが、少しずつ理解を重ねることで、いざという時に役立つはずだ。

(記事/柏野裕美)

>> 「英語の習得度」は重要! ユーザー視点の【英会話スクール】ベスト10

>> 「通いやすさ」で選ばれた【英会話スクール】ランキング

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close