独学で大学受験に勝つ方法

 大学受験から入学するまでに平均150万円かかると言われています。そのうちの半分以上を占めるのが予備校です。安価なところだと50万円程度で済みますが、中には100万円以上かかるところもあります。

 大学入学後も入学費や授業料など様々な支出があるため、できれば節約したいところ。予備校ではなく独学ならば主な支出は参考書ぐらいですから懐も安心です。しかし、予備校へ行かなくても大丈夫なのでしょうか?

独学でも大学に受かる

 結論から言いますと、独学でも十分大学を狙えます。独学で国立大学に合格した方もいれば、医大へ行った方もいます。予備校に通わなくても合格することは可能です。ただし予備校のように講師が出題範囲や頻出単語を教えてくれるわけではありません。黙っているだけでも知識をどんどん詰め込んでくれる予備校に対して、独学では自分から動かなければ知識が入ってこないのです。「やる気が重要」と言われるのはこのためです。

 またやる気だけがあっても成績は上がりません。大学受験の出題範囲は非常に広く、教科書に書かれていないような知識も求められます。すべての参考書やテキストを丸暗記するわけにもいきませんから、効率的に勉強することが求められます。毎日の学習計画をたてる「計画力」、それを実行に移す「実行力」、自分の弱点を見つける「発見力」、改善案を考える「解決力」が必要です。スケジューリングと調整をこまめに行うことで目的地へまっすぐと行くことができます。これらの能力が欠けていると間違った勉強を続けてしまい、合格から遠ざかってしまうでしょう。

 「自分にもできそう」と思った方は独学に向いているかもしれません。逆に少しでも「難しそう」と思った方は予備校をお勧めします。どちらが優れているという問題ではなく、独学には向き不向きがあるのです。大切なのは大学受験に受かることですから、独学で偏差値が上がるのならば独学、予備校で偏差値が上がるのならば予備校へ通えばいいのです。

定期的に模試を受けよう

 独学であっても模試だけは受けるようにしましょう。志望校への合格率や、相対的な偏差値を知ることができます。結果によっては勉強プランの修正も行います。サンプル数の多い大手予備校ほど正確な数値が出ます。自分の実力を試すいい機会です。積極的に参加してください。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。