子供の大学受験。親がすべきこととは?

 学歴は就職の際に必ず考慮されるポイントです。特に大手企業ほどその傾向が顕著であり、大学名だけで不採用になることが珍しくありません。就活は既に大学受験のころから始まっているのです。子供の運命を左右する一世一代の勝負なのですから、子供はもちろん親緊張するでしょう。自分で受験したことはあっても、子供を受験させる経験は初めての方も多いはずです。親として子供たちに何をしてあげるべきなのでしょうか?

子供を信じてあげる

 大学受験を控えた高校生は日々プレッシャーを感じています。教師からの期待は当然として、一緒に遊んでいたクラスメイトたちがライバルとなり、和気あいあいとしていた教室の空気もピリピリしてきます。環境の変化によるストレスは相当なものです。そのような過酷な状況にありながら、唯一安らげる場所だった家でさえも「勉強しなさい!」言われたら、子供たちはどう思うでしょうか。

 心配なのは十分わかりますが、受験の話題ばかり振ってしまうと、子供は期待で押しつぶされてしまいます。大学受験のプレッシャーを与えることは先生や友達でもできます。親たちができるのは「子供を信じてあげること」です。あまり受験勉強については触れずに、勉強を頑張っている子供をそっと支えてあげましょう。精神面で支えてあげることで、子供は勉強に専念することができます。

信じることと放置は違う

 大学受験では、全国の生徒がライバルとなります。子供にとって初めての大学受験ですからプレッシャーは相当なものです。そのようなときにも我関せず、肝心の親が無感知だったらどうでしょう。「こんなに大変なのに親は何もしてくれない」「自分は愛されていないのかもしれない」など言いようのない孤独感を抱くかもしれません。

 子供を信じてそっとしてあげることは大切ですが、放置するのとはまったく違います。子供にとって唯一の味方となるのが親です。受験に勝つためにも全力で支えてあげましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。