女性目線で考えたアメリカ留学 事前に知っておいた方がいいこと

女性必見! 留学時に必要な持ち物や注意点などを紹介 [拡大する]

女性必見! 留学時に必要な持ち物や注意点などを紹介

 最近、1週間〜1ヶ月の短期間で留学できる語学学校も増えてきており、検討する人もいるだろう。そんななか、女性に特化した留学情報はあまり手に入らない。そこで今回、女性向けにアメリカ留学の際に必要となる持ち物や費用、注意点について紹介していく。

■特に女性が持っていると便利な持ち物

 女性と男性では留学時に必要な持ち物が異なる。下記に持参した方が良さそうなものを挙げた。

【洗面用具・ヘアケア用品】
 メイク落としなど洗面用具は、空港の乗り継ぎで日付をまたぐような時に役立つので、機内持ち込みにしておくと便利。また、アメリカの水道水は硬水なので、ミネラル分などが原因で髪がごわつきやすい。ヘアトリートメントやオイルを持参すると良いだろう。

【水着・日焼け止めなど】
 現地で売っている水着は、パッドが付いていないものも多いので、日本で事前に購入して持参しよう。日焼け止めやハンドクリームも、現地のものは日本人にとっては刺激が強すぎる可能性がある。肌が弱い人は、日本から持って行った方が安心だ。

【サプリメントや生理用品】
 環境が変わると、ストレスで肌荒れなどを起こす人もいるだろう。ビタミン剤やサプリメントを持っていけば役に立つかも。また、生理用品は日本で使い慣れたものを持っていくのがオススメだ。

【洗濯ネットなど】
 洗濯用品も日本から持っていくと便利なもののひとつ。下着をまとめて洗濯するときに役立つ洗濯ネットや、下着やデリケート素材の衣類などを手洗いした場合に活躍する物干しロープもオススメ。また、折り畳みが可能な小さいパラソルハンガーも便利だ。

【フォーマルな洋服】
 アメリカではパーティーが多いので、フォーマルなスーツやドレスなどを持参しておくと安心。

■発生する費用を抑えるコツは?

 留学費用のなかで、どうしてもお金がかかってしまうのが“生活費”だ。化粧品など、現地のものを購入するのなら、値段は日本とあまり変わらないので問題ないが、日本製のものを購入すると少し高額になるケースもある。短期留学であれば、自分が使いたい日用品は日本から持参した方がいいだろう。

■甘い言葉には要注意

 海外では、日本人女性の人気が高いといわれている。日本には、女性が気を配り、男性を立てる文化があるので、アメリカ人男性にも気に入られやすい。日本人女性からすれば、アメリカ人男性のレディーファーストで真摯な振る舞いは、日本人男性よりも優しさを感じることもあるかもしれない。ただし、優しくされたからといって、すぐに警戒心を解くのは危険なので、気を付けよう。

 アメリカは、旅行などで行ったことがある人も多いだろう。特に、ハワイやグアムは日本人に人気の旅行先だ。海外なので、治安など日本と同じように…とはいかないが、自分の身は自分で守る、ということを心掛けておけば大丈夫。留学を考えている女性は、気を抜き過ぎず、かつ神経質になり過ぎずに充実した留学生活を送ってほしい。

(THE RYUGAKU)

>> 留学前に確認! “習得度”で選ばれた英会話スクールを発表

>> 水原希子 「芝居向けの英語はスタート地点にも立っていない」


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close