ニューヨークの冬の風物詩! イルミネーションとスケートを楽しめる2大スポット

ロックフェラー・センターの巨大なクリスマスツリー [拡大する]

ロックフェラー・センターの巨大なクリスマスツリー

 もうすぐ年に一度のクリスマス。街のいたるところで、彩り鮮やかなイルミネーションが見られるようになってきた。東京の赤坂サカスや横浜の赤レンガ倉庫などは、屋外スケートリンクを合わせて設置する場所として有名になりつつあるが、実は米ニューヨークでは、屋外スケートは冬の風物詩として定着している。

 そこで今回は、ニューヨークでイルミネーションと屋外スケートを同時に楽しめるスポットを紹介したい。

■ロックフェラー・センター

 ニューヨークのクリスマスといえば、ロックフェラー・センター(Rockefeller Center)の巨大なクリスマスツリーを思い浮かべる人も少なくない。今年度のライトアップは来年の1月7日まで行われ、巨大なツリーを眺めながらスケートを楽しめる。来年4月までオープンしており、入場料は大人が25〜32ドル、子ども(11歳まで)が15ドルだ。

 この場所は、1992年に公開された映画『ホーム・アローン2』で、主人公のケビンが母親と再会を果たしたシーンでも有名。同映画にもスケートリンクが登場しているが、これはセントラル・パーク(Central Park)のものだそう。

■ブライアント・パーク

 タイムズスクエア(Times Square)からほど近いブライアント・パーク(Bryant Park)では、大規模なクリスマスマーケット「バンク・オブ・アメリカ・ウインター・ビレッジ(Bank of America Winter Village)がオープン中。今月3日(現地時間2日)にはツリーの点灯式が行われ、スケートリンクではハビエル・フェルナンデスやジョニー・ウィアーなど有名なスケーターを迎えてアイスショーが開催された。

 スケートリンクは入場無料。子ども向けにスケート補助具の貸し出しも行っており、カップルからファミリーまで楽しめるスポットだ。来年の3月5日までオープンしている。

 クリスマスや年末年始をニューヨークで過ごす人は、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

【文/寺本亜紀】

>> この冬「英会話」を極めるなら! “習得度”で選ばれたスクールランキング

>> じっくり聞けば英語も上達!! オススメ「クリスマスソング」3選


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close