トランプ次期米大統領、勝利宣言での意外な一言とは? ヒラリーもあわせて紹介

ドナルド・トランプ氏(出典元:Google+ Donald J. Trump) [拡大する]

ドナルド・トランプ氏(出典元:Google+ Donald J. Trump)

 アメリカ史上、最も人気のない候補といわれた2人による米大統領選挙では、当初の予想に反して共和党のドナルド・トランプ氏が勝利。数々の刺激的な発言から「暴言王」と称されてきた彼が、勝利宣言時には意外なスピーチをしたことで話題になった。今回はヒラリー・クリントン氏の敗北宣言とともに、一部抜粋して紹介したい。

■ドナルド・トランプ

America will no longer settle for anything less than the best.
「アメリカは、最高でないものに甘んじることはありません」

 今月9日に行われた勝利宣言時の一言。これまでの大衆を煽るようなスピーチとは打って変わり、アメリカ国民に訴えるような、控えめなアプローチが注目された。演説では、ヒラリー氏から敗北を認める電話を受けたことや関係者への感謝なども語られた。

■ヒラリー・クリントン

We have still have not shattered that highest and hardest glass ceiling. But some day, someone will.
「最も高い、最も硬いガラスの天井を破ることはできませんでした。しかし、いつか誰かがそれを破ってくれるでしょう」

 ヒラリー氏は、トランプ氏の勝利宣言と同じ日に、敗北宣言を行った。「glass ceiling(ガラスの天井)」とは、社会的少数派の地位向上を阻む“見えない壁”のことを指す。スピーチでは、落胆しながらも結果を受け入れ、若者や女性に向けて社会で活躍することの重要性を呼びかけていた。

 トランプ次期大統領は、アメリカをどう変えていくのか。今後も目が離せない。

取材協力/GABA

>> 習得スピードも速くなる? “授業の受けやすさ”で人気の【英会話スクール】

>> 米大統領の“名言”を一挙紹介! それぞれが生まれた背景は?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close