SNSで使われる略語&スラング【12選】 「Af」「Tb」の意味わかる?

英語の略語やスラングを活用すると、SNSがもっと楽しくなるかも? [拡大する]

英語の略語やスラングを活用すると、SNSがもっと楽しくなるかも?

 海外から発信されるSNSやメールなどでよく見かける「略語」や「スラング」。一見、どんな単語か見当がつかないが、一度覚えてしまえば簡単に活用することができる。ただし、あくまで正式な英語ではないため、フォーマルな場面で避けるなど、使い方には充分注意したい。

 では、どのような略語が使われているのか? さっそく見ていこう。

【1】Af
「As fuck」の略語。何かを強調したい時に使われる。形容詞の後に使うのが一般的。
<例>
I'm sleepy af.
(すごく眠いよ)

【2】Tbh
「To be honest」の略語。「実際に」「本当は」「正直」など本心を言う時に使う。
<例>
Tbh it was really bad.
(正直まずかったよ)

【3】Lmk
「Let me know」の略語。「わかったら教えてね」という意味。
<例>
Lmk what time we can meet tomorrow.
(あす何時に会えるかわかったら教えてね)

【4】Idek/Idk
「I don't even know/I don't know」の略語で、意味は「わからない」。「even」を入れると、より強調された意味になる。
<例>
idk what you are saying
(何を言っているのかわからないよ)

【5】Fml
「Fuck my life」の略語。自分に最悪なことが起こった時や何かが上手くいかない時に使われる。
<例>
Fml I lost my wallet.
(最悪、財布なくした)

【6】Wtf
「What the fuck」の略語。びっくりした時や混乱時に使える言葉。最後に“?”をつけることで「マジで?」のようなニュアンスにもなる。
<例>
wtf are you doing in my room?
(私の部屋で何やってんの?)

wtf? how did that happen!
(マジで? ありえない!)

【7】Fomo
「Fear of missing out」の略語。直訳すると「何かを逃すのを恐れている」という意味。楽しいことや重要なことを見逃したり、自分が取り残されたりするのではないかという恐怖心を表す言葉。
<例>
I'm tired from work but I'm going to the party tonight. I have a fomo!
(今日は疲れているけどパーティーに行くよ。話題に乗り遅れたくないからね!)

【8】Idgaf
「I don't give a fuck」の略語。「どうでもいい」「知らない」「あっそ」という意味。
<例>
Idgaf about baseball.
(野球にこれっぽっちも興味ないね)

【9】Idc
 「I don't care」の略語。直訳通り「どうでもいい」という意味。上記の「Idgaf」よりは柔らかい表現。
<例>
idc about my grades anymore
(もう成績なんてどうでもいいや)

【10】Tb
 「Throwback」の略語。昔のことを思い返して話す時に使われる言葉。最近では「#tb」というハッシュタグも流行している。
<例>
This photo is such a tb.
(この写真超懐かしい)

【11】Rn
「Right now」の略語。「今」という意味。
<例>
I'm heading to your house rn.
(今家に向かってるよ)

【12】Omw
「On my way」の略語。「今向かってる」「行く途中」という意味。
<例>
I'm omw to Shibuya.
(渋谷に向かっている途中だよ)

 これまで紹介した言葉は教科書や辞書に載っていない表現も多いので、この機会にぜひ覚えてみてはいかがだろうか。

(記事/THE RYUGAKU)

>> この夏「英会話」を極めるなら! “習得度”で選ばれたスクールランキング

>> ワンランク上の「英語表現」 スラングは必要or不必要?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close