「ウザい」「キレる」英語で言える? “怒り”を伝えるフレーズ紹介!

意外と知らない! 相手へ“怒り”を伝える英語フレーズとは? [拡大する]

意外と知らない! 相手へ“怒り”を伝える英語フレーズとは?

 日常会話のなかで、自分の気持ちを相手に伝える場面は数多く存在する。そのなかには、物事が思い通りにいかないときや、相手に対してイライラしてしまうこともあるだろう。そんなとき、英語圏ではどんな言葉を使うのだろうか? 日本では、相手の状況や言い方、口調によってその深刻さは示すことができるが、英語も同じような表現のパターンが存在する。今回は、イライラしていることを相手に伝える際に役立つ英語フレーズを紹介しよう。

■イライラする
frustrated by
 「frustrated」は“苛立つ”という意味の単語であり、この単語は自分の行動が上手くいかず苛立った時に使う言葉。何か失敗をしてしまった時、やりたい事が上手くいかなくてイライラする時は「frustrated」を使うとよい。

■〜に対してイライラする
be annoyed with ~ 
 「frustrated」と同様に“苛立たせる”という意味をもつ「annoy」は、特定の人物、物、事柄に対してイライラした時に使う。また、進行形にすることで、「You are annoying!(ウザい!)」と訳すこともできる。

■キレる/カンに触る
get on my nerves
 「nerve」とは“神経”のこと。一気に怒りがこみ上げて、“キレる”または“カチンとくる”という苛立ちの状態に対して使われる。

■イライラで頭がおかしくなりそう
drives me crazy 
 苛立ちや怒りを通り越して、頭が真っ白になってしまうような状態を指す英語フレーズ。同じ意味をもつ「drives me mad」でも伝わる。

 「イライラ」を伝えるフレーズにも、様々な種類がある。それぞれ違ったシチュエーションで使わなければならず、フレーズによって怒りの矛先も違うため、使う前には上記のニュアンスを把握しておこう。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 上達のカギは“授業の受けやすさ”? <英会話スクール>ランキング

>> 英会話で「聞き上手」になる方法! 英語上達のポイントも紹介


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close