プロ野球開幕直前! 実は知らない「正しい英語」の野球用語

実は知らない!? 正しい英語の「野球用語」 [拡大する]

実は知らない!? 正しい英語の「野球用語」

 いよいよあすからプロ野球がスタートし、待ち望んだシーズンが始まる。最近では、国内はもちろん、多くの日本人選手がメジャーリーグで活躍していることもあり、スポーツ好きの外国人から度々野球の話題が上がるものだ。そこで気付くのが、私たちが普段使っている野球用語に「和製英語」が多いということ。そこで今回は、野球の正しい英語表現を一部紹介していく。皆さんはいくつおわかりだろうか。

 日本に野球(ベースボール)が伝わったのは、1872年(明治5年)。東京の第一大学区第一番中学(のちの開成学校、東京大学)のアメリカ人教師のホーレス・ウィルソンが生徒に教えたのが最初だったと言われている。

 日本の野球はそれから長い時間をかけて独自の発展を遂げたため、日本で一般的に使用されている野球用語の中には、和製英語や英語の誤用が多く、英語だと思って英語圏の人と話しても通じないことも多いのだ。

 そこで、下記によく使われる野球用語の日本語と英語の対訳をいくつか紹介する。

■【和製英語】と「正しい英語」の一例

【投球】→「pitching」「delivery」
【キャッチボール】→「play catch」
【左腕投手】→「a left-handed」「a left-handed hurler」
【先発投手】→「starting pitcher」
【リリーフ投手】→「reliever」
【抑え投手】→「closer」

【フォアボール】→「base on balls」「walk」
【敬遠】→「intentionally walk」
【デッドボール】→「hit by pitch」
【三振】→「a strikeout」
【変化球】→「breaking ball」
【ノーコン】→「bad control」

【打席】→「at-bat」
【強打者】→「a hard hitter」「a slugger」
【スリーバント】→「bunt with two strikes」「bunt after two strikes」
【ピッチャー返し】→「come-backer」「back to the mound」
【三塁打】→「hit a triple」
【ランニングホームラン】→「inside-the-park home run」
【満塁ホームラン】→「grand slam」「bases-loaded homer」

【ヘッドスライディング】→「head-first sliding」「diving」
【タッチアウト】→「a tag-out」「tagged and out」
【満塁】→「bases loaded」
【サヨナラホームラン】→「game-winning homer」「game-ending home run」
【ホームベース】→「plate」
【フェンス】→「wall」

【日本シリーズ】→「the Japan Series」
【公式戦】→「official game」「regular season game」
【オープン戦】→「exhibition game」

※紹介した英語以外にも、アナウンサーが使用する口語の英語や動詞などでは異なる表現もあります

 スポーツは、プライベートでもビジネスでも外国人との会話のネタにうってつけ。正しい用語を覚えることで、より盛り上がるに違いないので、ぜひ覚えるといいだろう。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close