ビジネス英会話、何から勉強すればいい? 便利な学習法を紹介

ビジネス英会話、何から勉強すればいい? 便利な学習法紹介 [拡大する]

ビジネス英会話、何から勉強すればいい? 便利な学習法紹介

 英語を流ちょうに話せなくても、ビジネス英会話ぐらいは身につけておきたいと思う人も多いはず。とはいえ、難しいイメージが先行して、何から勉強すればいいのか、わからない。そんな人のために、便利な学習方法を紹介します。

■映画鑑賞で身近なオフィスの日常英会話を!

 ビジネス英会話といっても、コミュニケーションのための日常英会話力は必要になります。まずは、洋画を鑑賞しながら、オフィスで使う日常英会話を学ぶことは有効な手段です。学習方法はさまざまですが、何度も繰り返して見ることが何より大切。今回は繰り返して見る方法を2通り紹介します。

【その1】
日本語で映画の内容をつかんでからの英語学習
・英語独特の表現を習得したい人におすすめ

1回目:英語音声+日本語字幕
2回目:英語音声+英語字幕
3回目:英語音声のみ

【その2】
字幕をつけず英語の音声だけで映画を見てリスニング力を強化する英語学習
・正しく聞き取れたかどうかを答え合わせ的に楽しみたい方におすすめ

1回目:英語音声のみ
2回目:英語音声+英語字幕
3回目:英語音声+日本語字幕

 「この前見た映画だけど…」と話のネタにもなります。どちらも気になるフレーズなどはメモして、実際に日常の英会話で使ってみましょう。

【レベルに合わせたオススメ作品】
・初級、中級、上級者にお勧めの映画

初級
『LIFE!』(THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY)
雑誌『LIFE』最終号に向けて、写真管理部で働くウォルターが冒険するストーリー。オフィスのシーンもあります。空想癖があるウォルターは口数が少ないため、英語に自信がない方におすすめです。

中級
『プラダを着た悪魔』(The Devil Wears Prada)
ファッション業界誌の舞台裏を描いたストーリー。上司や同僚、取引先との会話がほどよくでてきます。

上級
『ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)』
「Facebook」(フェイスブック)を創ったマーク・ザッカーバーグのストーリー。かなりの早口なのでリスニング力が求められます。

 そのほか、医療・法曹・マスコミ・金融など、自身のビジネスに即した内容を選べば、映画に出てくる専門用語をビジネスで生かすことができます。

>>レベルの適正さで選んだ
『満足度が高い英会話スクールベスト17』

>>講師の質で選ぶ
『英会話スクールベスト17』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close