English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

Q.海外の大学に留学すると、就職に有利になりますか?

海外の大学での留学経験があれば、就職活動で有利になると思うので、留学を考えています。そのために、どのような準備をすればいいのか教えてください。
【A】目的を明確に!大事なことは「留学で何を得たのか」

就職活動する際に、英語堪能なことが有利になることはあっても、留学経験が有利に働くかといえば、実はそうとも限らないのが現状といえます。

 面接で企業の人事採用の担当者が確認したいのは、「なぜ留学したのか?」、「留学をしたことによって何を得たのか?」です。英語が話せるようになることを目的として留学をするのではなく、海外の大学等で学ぶ目標をきちんと定めて目的意識を持って海外留学の準備を進める必要があるのです。

 大学では何を学びたいのか、どのような仕事に結びつくのかを視野に入れながら、主な専攻をチェックして、留学する国や大学を決めましょう。留学する国により事前に受験する英語テストが異なります。例えば、アメリカの場合はTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの場合はIELTSの英語テストのスコアが必要になることがあります。また、留学時期は就職活動のタイミングを考慮したうえで決めましょう。

 英語圏外から大学留学を目指す場合は、まずは留学生向けに設けられた進学準備コースに進むことが多いようです。

 留学費用の準備も必要です。授業料、教材費、生活費(食費、住居費、交通費)、航空券代など留学する国や地域によって異なるので、試算しましょう。ホームステイの場合は、食事付の場合が多く、机や椅子など家具も揃っているので新たに購入する必要がなく費用が抑えられます。

 ただ、ホームステイ先のホストファミリーと帰国後も連絡をとりあうほど仲良くなる留学生もいますが、なかにはホストファミリーともめてホームステイ先を変更する留学生もいます。
One more アドバイス
みなさんは日本の大学に進学する際に将来何になりたいのかを想像して専攻を決めていますか? 留学する際にも、ジャーナリズム、映画、建築、法律、医療、サービスなどなど、留学先で何を学びたいのかを基準に専攻を決めるようにしましょう。

よく似た質問

>留学時に必要なTOEFLテストってどんなもの?
>海外赴任に備えたビジネス英語の勉強法は?
【文・取材/寺本亜紀】
ライター、映像翻訳者(映画やドラマ、ドキュメンタリーの字幕翻訳・吹替翻訳)。英文科卒業。
小学校英語指導者資格取得。カナダ、アメリカ、オーストラリアで親子留学を経験。
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。