English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

海外旅行者は必見、税関&現地の移動で役立つフレーズ

税関&現地の移動で役立つフレーズ(写真はイメージ) [拡大する]

税関&現地の移動で役立つフレーズ(写真はイメージ)

 年末年始に海外旅行を計画している人も多いはず。そこで今回は、海外旅行時に役立つ【税関で使う表現】と現地に到着した後の【移動で使う表現】を紹介。海外に行く時に避けて通れない空港。現地に着いたらすぐ必要になる英語でつまずかないよう、ポイントは押さえておこう。

■税関で役立つフレーズ

 まず「税関」は英語で “customs”ということを覚えておこう。入国審査を終えて、自分の荷物をピックアップしたら次は “CUSTOMS” と書いてある方へ行けばよい。

 sのつかない “custom” は「習慣・風習」などを表すが、「税関」を意味する場合には必ず “customs” になることに注意しよう。

・customs
税関
・customs declaration form
税関申告書
・go through customs
税関を通る
・a customs officer
税関職員
・(Do you have) anything to declare?
何か申告するものを持っていますか?

 “Do you have” は省略されることも多いが、“anything to declare(何か申告するもの)” さえ聞き取れれば問題なし。

 何も申告するものがない場合は “No.” または “Nothing.” と答えればよい。持っている場合には “Yes. I have 〜” と申告するものを答えて。申告するアイテムを英語でどう言うかは事前に調べておこう。

 また、税関で聞かれることが意外と多いのが「自分で荷造りしましたか?」という質問。荷物の中身を本人がすべて把握しているかを問われている。

・Did you pack your bag(s) yourself?
自分で荷造りをしましたか?
・Who packed your bag(s)?
誰が荷造りをしましたか?

 虚偽の申告をした場合には罰金が科されることもあるので、持ち込み品に関するその国のルールをきちんと理解して申告することが大切だ。

■移動で役立つフレーズ

 入国審査・税関を通過すると、ようやく到着ロビーへ出られる。そこから交通機関を利用していよいよ目的地へ移動だ。

 次は、空港から移動を開始する際に役立つ表現を紹介しよう。

 交通手段について現地の人に相談したい場合には、空港のインフォメーションセンターが手っ取り早い。目的地までの早い・安い・便利な方法を尋ねてみるといいだろう。

・Where is the information center?
インフォメーションセンターはどこですか?

・I'd like to go to 〜. How can I get there?
〜へ行きたいのですが、どう行けばいいですか?

・What's the cheapest/quickest/easiest way to get to 〜?
〜へ行くのにもっとも安い/早い/簡単な方法は何ですか?

・How long does it take to get to 〜?
〜までどのくらい時間がかかりますか?

・How much is it to 〜?
〜まではいくらですか?

・Where can I get a taxi/bus to 〜?
〜行きのタクシー/バスはどこで乗れますか?

・Where is the (nearest) 〜?
(最寄りの)〜はどこですか?

・シャトルバス/バス乗り場:shuttle bus/bus stop
・タクシー乗り場:taxi stand(米)/taxi rank(英)
・駅:(train/railway) station

記事/日刊英語ライフ
ニュージーランドを拠点に活動するYoko Osadaによる英語コラムサイト(https://kiwi-english.net/)。ネイティブから学んだ使える英語と多くの人がひっかかりそうな文法・フレーズなどを「簡単に分かりやすく」日刊で紹介している。

>> 海外旅行前にチェック! 人気の【英会話スクール】No.1は…

>> 海外旅行で余った「外貨」 帰国後の“活用方法”を紹介

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。