ビジネスに役立つ【英語知識】 日本のメディアについて伝える表現

「発行部数」「読者層」は英語で何? メディア関連の役立つ表現を紹介 [拡大する]

「発行部数」「読者層」は英語で何? メディア関連の役立つ表現を紹介

 海外のビジネスシーンにおいては、日本のメディアが話題に挙がることもある。そうしたときには、朝日新聞や読売新聞などの五大紙(five major newspaper)や特定の地方を販売対象とする地方紙(local newspaper)の発行部数(circulation)、読者層(readership)について説明できると、聞き手も理解が深まるはずだ。

 そこで今回は、このようなシーンで役立つ英語表現を紹介していく。

<例文>
Local newspapers are well accepted by local residents, and some of local newspapers have higher number of circulation compared to the five major newspapers within their individual local areas.
「地方紙は地元の人たちによく読まれており、その地域での発行部数は五大紙を上回る媒体もいくつかあります」

<<解説>>
「広く読まれている」という意味合いをもたせるため、例文では「be well accepted by〜(〜によく受け入れられている)」を使っている。

<例文>
Core readership for Nikkei Shimbun is business persons since it features news mainly related to businesses, financial markets and enterprises.
「日経新聞はビジネス、市場関連、企業のニュースを掲載しているため、主な読者層はビジネスパーソンです」

<<解説>>
細かな情報よりも、媒体の特徴を挙げるほうが相手には伝わりやすい。会話のなかでは、掲載記事の全体的な傾向や主な読者層を説明できれば十分だろう。

 特に広報およびマーケティングに携わる人は、メディアについて話す機会は多いもの。“相手がどのようなものを読んでいるか”なども聞けるようにしておくと、情報交換がしやすくなるはずだ。

(記事/柏野裕美)

>> ビジネス英語を身につけるなら! “習得度”で選ばれた【英会話スクール】ランキング

>> ビジネスに役立つ【英語知識】 担当者が不在の場合に役立つフレーズ


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close