『人気渡航先ランキング』発表 1位は「オーストラリア」

2015年『人気渡航先ランキング』発表 1位は「オーストラリア」 (C)oricon ME inc. [拡大する]

2015年『人気渡航先ランキング』発表 1位は「オーストラリア」 (C)oricon ME inc.

 ワーキング・ホリデー制度を支援・促進する『日本ワーキング・ホリデー協会』(JAWHM)は9日、2015年度の「人気渡航先ランキング」を発表。1位には、世界遺産が17ヶ所登録されている大自然に囲まれた「オーストラリア」(28.9%)が選ばれた。また、2位にはウィンタースポーツの盛んな「カナダ」、第3位には英語発祥の地でもある「イギリス」がランクインした。

 同ランキングは、2014年6月から2015年5月までに同協会のセミナーに参加した人を対象に25576件を集計し、ワーキング・ホリデーを利用して行きたい国を調査。1位のオーストラリアは、コアラやカンガルーなど多くの動物が生息する広大で美しい自然のほか、治安のよさや世界最高水準の衛生面・医療面を備えることでTOPを獲得。ワーホリとしても、高い教育水準を保持している点が魅力となっている。

 2位のカナダは、広大な自然のほか、アメリカに気軽に行ける距離も人気の一つで、ニューヨークまで飛行機で1時間半。ウィンタースポーツも盛んで、バンクーバーは人気渡航都市となっている。3位の「イギリス」は、アートやファッション、音楽、スポーツなどの文化的楽しみが多く、ワーホリとしても英語発祥の地で、学べる魅力を備えている。

 そのほか、注目すべきは7位にランクインした「アイルランド」。ヨーロッパ圏でのワーホリで公用語が英語なのはイギリスと同国のみ。イギリスは抽選方式のビザ取得になるが、同国は抽選がないため、年々増加傾向にある。また、イギリスに比べ、物価も安く、国や街が小さいため、落ち着いた環境で生活することができることも人気の一つになっている。

 ワーキング・ホリデー制度は、1980年12月にオーストラリアと日本の間で初めてスタート。現在は14ヶ国の協定国があり、18歳から30歳の日本国民に1〜2年の滞在許可が与えられ、就学・就労などが可能となっている。近年は、3年連続で渡航者が増加中で、2013年度のビザ発給数は2万845人に到達している。

【調査概要】
◆調査期間:2014年6月〜2015年5月
◆回答者数:25576サンプル
◆調査対象者
性別:男女、条件:日本ワーキング・ホリデー協会のセミナーに参加した人

>> 「英語の習得度」が最重要!? 利用者目線の【英会話スクール】ランキング

>> 実際の利用者が選んだ【英会話学校】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close